2015年02月16日

ブラジル・リオデジャネイロで15日、サンバスクールのパレードが市内サンボドロモで始まった



ブラジル・リオデジャネイロ(Rio de Janeiro)で15日、サンバスクールのパレードが市内サンボドロモ(Sambodrome)で始まった。参加したスクールのメンバーらは、サンバのリズムとともに熱いパフォーマンスを披露した。

2015年2月14日〜17日(土曜日〜火曜日)

カーニバルの由来
リオのカーニバルカーニバルとは元来「謝肉祭」の意味を持つ宗教的な儀式です。
イースター(キリストの復活祭)までの40日間を禁欲生活の期間として、その期間が始まる前の4日間を開放的なお祭りとしたのがカーニバル(謝肉祭)の由来とされています。

カトリックでは伝統的に陰暦(月暦)を使用している為、期間が毎年変化します。大体2月〜3月初めの土曜日から火曜日までの4日間となっています。


リオのカーニバルの始まりとサンバ学校
バイア地方(州都サルバドール)で生まれたアフロブラジル音楽を源に、リオで花開いたサンバ・カリオカ。この音楽を楽しむ人の輪がリオの貧民街に広がり、ブロコとよばれる街頭の小さなグループが誕生しました。グループが次第に統一、組織化され、1928年、最初のエスコーラ・デ・サンバ(サンバ学校)という団体が生まれました。
そして、1932年にある新聞社が主催してサンバの曲のコンクールを行ったことが、エスコーラのコンテストの始まりです。
1935年には政府観光局が主催して、統一されたテーマをもとに競う規則ができ、1950年くらいから現在のようなパレードによるコンテストが行われるようになり、「リオのカーニバル」として有名になりました。

パレードについて
打楽器隊・バッテリー(バテリア)はパレードのリズムをつかさどる スペシャルグループのパレードは、1チームが3,000〜4,000人と大規模。
サンバチーム(エスコーラ)は毎年テーマ(エンヘード Enredo)を決め、そのテーマに沿って作曲がされます。このテーマソングは秋ごろにはCD販売もされます。

パレードはダンスや山車も見ものですが、要ともいえるのは200名以上の打楽器セクション(バテリア/バッテリー)。バッテリーによる強烈なサンバのリズムは、さながら地響きを思わせ、観衆も思わず自然に身体を揺さぶりパレードに参加しているかのような錯覚に陥ります。
posted by kisebeauty50 at 18:14| Comment(0) | 祭・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月15日

【写真特集】サンバカーニバルに、青森県五所川原市が寄贈した、高さ15mの「たちねぷた」が出場した。 震災後の支援を行ったブラジルに対する感謝の気持ち



ブラジル・サンパウロ(Sao Paulo)のアニェンビ・サンボドロム(Anhembi Sambadrome)で13日、毎年恒例のサンバカーニバルが開幕した。

2015年2月14日朝(日本時間2月14日夕方)、ブラジル・サンパウロで行われたサンバカーニバルに、青森県五所川原市が寄贈した、高さ15mの「たちねぷた」が出場した。

たちねぶた.jpg

 今回披露された「たちねぷた」は、東日本大震災後に復興の祈りをこめて制作された『復興祈願 鹿嶋大明神と地震鯰(じしんなまず)』で、これには、震災後の義援金や重機を使ったがれきの撤去、物資の寄贈など、様々な支援を行ったブラジルに対する感謝の気持ちが込められているとのこと。

「たちねぷた」は、40フィートコンテナ15台に分割された状態で1ヶ月半かけて船で運ばれ、1月にブラジルに到着した際から、現地で大きな話題となっていた。サンバカーニバルに他国の祭事がそのまま持ち込まれるのは異例のことで、14日朝に山車の一つとしてねぷたが登場した際には、大きな歓声とともに迎えられた。

 「たちねぷた」が披露されたのは、サンパウロサンバカーニバル1部リーグの有力チームである「アギア・ジ・オウロ」の演目の中で1時間ほど。「アギア・ジ・オウロ」は、2015年が日ブラジル修好通商条約締結120周年にあたることから、演目テーマを『ブラジルと日本、120年の融合』としており、500名以上の日系人と、100名程の日本人を含む総勢約3,500人が、このテーマのもとに趣向を凝らした衣装と山車で日本を表現した。発起人でもあり、衣装デザインを手がけたファッションデザイナーのコシノジュンコや、平山誠敏五所川原市長も、ねぷたとともに出場しカーニバルを盛り上げた。

カーニバルの順位結果発表は、現地時間2月17日に行われる予定。

※サンパウロたちねぷたプロジェクトとは
日伯修好通商条約締結120周年を迎える2015年に、160万人の日系人が暮らすブラジルで日本の本物の祭りを披露することで、日伯の文化交流に寄与するとともに、2016年リオデジャネイロオリンピック、及び、2020年東京オリンピック開催に向けて、サンパウロ市、ならびに五所川原市を中心とした東北全域への観光客誘致や経済の活性化に貢献することを目的に設立。

【起ちあがれ東北!ありがとうBRASIL!サンパウロたちねぷたプロジェクト2015 開催概要】
・ 実施期間:2015年2月13日(金)〜2月18日(水) ※「アギア・ジ・オウロ」出場 2月14日(土)4:55〜6:00
・ 実施場所:ブラジル・サンパウロSambódromo do Anhembi (サンボードロモ・ド・アニェンビー)
・ 主催:起ちあがれ東北!ありがとうBRASIL!サンパウロたちねぷたプロジェクト2015実行委員会
(JUNKO KOSHINO株式会社、特定非営利活動法人 国際交流促進協議会ほか)
・ 共催:五所川原市、独立行政法人 国際交流基金
・ 後援:外務省、観光庁、青森県、駐日ブラジル大使館、在サンパウロ日本国総領事館、一般社団法人在日ブラジル商業会議所、特定非営利活動法人在日ブラジル人を支援する会
・ 協賛:株式会社商船三井、株式会社MOL JAPAN、鈴与株式会社、株式会社フジドリームエアラインズ、株式会社アゴーラ・ホスピタリティーズ、ブラデスコ銀行、味の素株式会社、ブルーツリー・ホテルズ&リゾーツ、ターキッシュ エアラインズ、株式会社JTB東北、株式会社アオイ、株式会社三修社、JUNKO KOSHINO株式会社、株式会社ブレイン、ほか
・ 特別協力:独立行政法人国際交流基金
・公式ホーム:http://tatinepta-project.jp

サンバカーニバルとは、サンバを中心とした祭(カーニバル)。

posted by kisebeauty50 at 14:27| Comment(0) | 季節歳時・祭事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月05日

「名月や彼女も2πrかな」ドイツ南部レーゲンスブルク近郊のショーナッハで4日、教会越しにオレンジがかった満月



ドイツ南部レーゲンスブルク(Regensburg)近郊のショーナッハ(Schonach)で4日、教会越しにオレンジがかった満月が見られた。

「名月や彼女も2πrかな」

Schonach6.jpg

村の名前は古くドイツ語から来ていて、「明るい水が流れる」ことを意味します
ショナッハ イム ・ シュヴァルツヴァルト シュヴァルツヴァルト Baar クライスの北部にある町です。
町は冬のスポーツの中心地として知られています。

Schonach7.jpgSchonach4.jpg
posted by kisebeauty50 at 18:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月04日

欧州南天天文台は28日、超大型望遠鏡VLT(Very Large Telescope)で撮影した彗星状グロビュール「CG4」の画像を公開



欧州南天天文台(European Southern Observatory、ESO)は28日、超大型望遠鏡VLT(Very Large Telescope)で撮影した彗星状グロビュール「CG4」の画像を公開した。画像のCG4は、非常に巨大で明るく見えるが、実際にはかすかに見える程度で観測がとても難しく、いまだ多くの謎に包まれている。
posted by kisebeauty50 at 01:31| Comment(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月23日

年齢を感じさせない美しさを競う「第5回国民的美魔女コンテスト」のグランプリに東京都在住の主婦・箕輪玖美(みのわくみ)さん(43)が選ばれる

年齢を感じさせない美しさを競う「第5回国民的美魔女コンテスト」の最終選考会が21日、東京都内で開催され、東京都在住の箕輪玖美(みのわくみ)さん(43)がグランプリに輝いた。

箕輪 玖美3.jpg

 20代の頃はモデルや歌手活動をしていた箕輪玖美(みのわくみ)さん、現在は主婦で、夫と3人の子どもを持つママ。箕輪玖美(みのわくみ)さんは今回、社会とつながり、緊張感や輝きを維持したく、応募したという。箕輪玖美(みのわくみ)さんはグランプリ決定後、「全面的にバックアップしてくれた主人と応援してくれた多くの方々に感謝したい」と喜びを語った。箕輪玖美(みのわくみ)さんは、コンテスト協賛企業によるプレミアム美魔女賞、ミネラル美魔女賞も合わせて受賞した。
 準グランプリは、東京都在住の井上美樹さん(47)が選ばれ、スリム美魔女賞は吉田美穂さん(41)、WEB美魔女賞は佐藤香奈子さん(40)がそれぞれ受賞した。

井上美樹さん、箕輪玖美さん.jpg
左準グランプリの井上美樹さん、右グランプリの箕輪玖美さん

 この日の最終選考会には、応募者1850人の中から選ばれた21人が出場。水着姿や私服でのパフォーマンスなどで美魔女ぶりを競い合った。グランプリの箕輪玖美(みのわくみ)さんと準グランプリ井上さんは、今後、大手芸能事務所オスカープロモーションに所属し、活動をしていく

箕輪玖美.jpg

◆美魔女グランプリは箕輪玖美(みのわくみ)さん 3冠達成
 年齢を感じさせない外見美と知的美を競う「第5回 国民的美魔女コンテスト」の最終選考会が21日、都内で行われ、東京在住の主婦、箕輪玖美(みのわくみ)さん(43)がグランプリを獲得した。

箕輪玖美1.jpg

 応募総数1850人の頂点に立った箕輪玖美(みのわくみ)さんは、ほかにも「プレミアム美魔女賞」と「ミネラル美魔女賞」を獲得し三冠を達成。圧倒的な支持を集めた。

 箕輪玖美(みのわくみ)さんはモデル経験があり、約2年前に結婚するまで社長秘書をしていたという。コンテストのために家事をないがしろにしたこともあったそうで箕輪玖美(みのわくみ)さんは「今日は楽しませてもらいました。実はしゅうとめさんや子供たち(3人)にも出場していることを伝えていなかったので、報告して“迷惑をかけてごめんね”って謝りたいです」と家族に感謝した。

◆「第5回 国民的美魔女コンテスト」最終選考会が21日、都内で行われ、モデル経験のある主婦箕輪玖美(みのわくみ)さん(43)が3冠受賞という圧倒的強さを見せつけてグランプリに輝いた。

 主催するビューティー月刊誌「美ST」の井上智明編集長をして、「箕輪玖美(みのわくみ)さんは圧倒的に華やかでマネできない存在感。新しい40代が出てきた」と言わしめた。箕輪玖美(みのわくみ)さん、受賞の瞬間は目を見開き、口に手を当てて驚いた様子。

箕輪玖美(みのわくみ)さんは「まさか賞を頂けるとは思わなかった。全面的にバックアップしてくれた主人と応援してくれた多くのお友達に感謝したい」と笑顔をはじけさせたが、モデル(6年)や会長秘書(10年)と経歴も華やかそのものだ。

 箕輪玖美(みのわくみ)さんはモデルとして活動した後、歌手デビューを目指していたといい、「お声をかけていただいて2年くらい頑張りましたがダメでした。機会がありましたらぜひやりたい」と、箕輪玖美(みのわくみ)さん、これを機に幻となった歌手デビューに期待を寄せる。

 箕輪玖美(みのわくみ)さんは「プレミアム美魔女賞」「ミネラル美魔女賞」と合わせてトリプル受賞。「年齢をお考えにならず、いつまでも輝いてイキイキしている夏木マリさんが憧れ」という現在は3児のママだが、これからの動向にも注目だ。

★箕輪玖美(みのわくみ)

箕輪 玖美.jpg

住所:東京都
生年月日:1971年6月18日
身長 :168cm体重:52kg
血液型:B型
スリーサイズ バスト:88cm ウエスト:62cm ヒップ:89cm
職業:主婦
家族構成:夫、子供3人
趣味・特技:ゴルフ、サーフィン、はちみつソムリエ
忙しいキャリア生活から一転、主婦に。それでも、社会と繋がり、緊張感と輝きを維持したくて美魔女に応募しました。日々美しい所作を心掛けています。

★井上美樹

井上美樹.jpg

住所|東京都 生年月日|1967年11月17日
身長|160cm 体重|48kg 血液型|A型
スリーサイズ|B:85 W:63 H:85
職業|会社員 家族構成|子供2人 趣味・特技|旅行、山登り、ピアノ、フランス語

パリへピアノ留学したり、オペラの日本語版を制作したり、英語教材作ったり……、やりたいことは即実践。これからは美魔女として美を極めます。

●美魔女official site
http://www.bimajo.jp/

★歴代国民的美魔女コンテストグランプリ(第1回-第4回)

西村真弓さん、山田佳子さん、箕輪玖美さん、草間淑江さん、門馬礼子さん.jpg
左から 西村真弓さん、山田佳子さん、箕輪玖美さん、草間淑江さん、門馬礼子さん

◆第4回 国民的"美魔女"コンテスト
年齢を感じさせない美を競う「第4回国民的美魔女コンテスト」の最終選考会が東京都内で開催され、愛知県在住の西村真弓さん(39)がグランプリに輝いた。

西村真弓.jpg

名前:西村 真弓
住所:愛知県
生年月日:1974年5月25日身長:164cm体重:52kg
B:85cmW:64cmH:89cm
血液型:A型
職業:主婦
家族構成:夫
趣味・特技:姪と甥と遊ぶこと、読書、料理、ドライブ
下着メーカーに20年勤務。「美しさは特別な人だけにあるのではなく、今は美しさが足らずとも、誰にでも多くの美しさが眠っていて美を育てる≠アとができると思います。10年後、20年後、その先もずーっと輝く女性でありたい」

◆第3回国民的美魔女コンテスト
年齢を感じさせない美を備えた女性を選ぶ「第3回国民的美魔女コンテスト」の最終選考会が都内で開催され、夫と4人の息子を持つ門馬礼子さん(40)がグランプリに輝いた。

門馬礼子.jpg

名前:門馬 礼子
住所:福島県
生年月日:1972年4月5日身長:170cm体重:55kg
スリーサイズBバスト:83cmWウエスト:60cmHヒップ:90cm
血液型:A型
職業:ネイルスクール・サロン経営
趣味・特技:旅行、柔軟体操
9歳、7歳、5歳、2歳、4人の男の子の母であり、20代には福島県のミスコンテストで優勝ミスピーチに、後にミス・ユニバース日本大会ファイナリストにも選出!

◆第2回国民的美魔女コンテスト
年齢を感じさせない美しき35歳以上の女性「美魔女」を称えるコンテスト「国民的“美魔女”コンテスト」最終選考会が都内ホテルにて開催された。2000名の応募の中から選ばれた21名のファイナリストが登場し、『STORY』『美 STORY』読者160名の前で、水着とドレス姿の披露、自己PR、川島なお美ら審査員からの質疑応答が行われた。年齢を感じさせないその美しさに、会場からは終始驚きの歓声があがっていた。

山田佳子さん.jpg

国民的美魔女コンテストグランプリは山田佳子
名前:山田 佳子
住所:兵庫県
生年月日:1966年1月17日身長:163cm
measurmentsB:83cmW:58cmH:82cm
血液型:A型
趣味:ヨガ、ウォーキング、ガーデニング、美味しいお店めぐり
特技:整理整頓・体が柔らかいこと
「趣味は海外に長期滞在すること。そこで学んだことは若さにしがみつかず、年齢に応じた美しさでナチュラルに生活することでした。もっと素敵な大人の女性を目指したいです」。

山田佳子さん(45歳)
長時間にわたる最終選考会の末、グランプリには山田佳子さん(45歳・モデル事務所経営)、準グランプリにはソア・イさん(42歳・へアーメイクアップデザイナー)が選ばれた。

グランプリの山田佳子さんは、グランプリの受賞をうけて「応援してくれた家族にまずはこの喜びを届けたい」とコメント。美の秘訣は朝食に必ず果物とヨーグルトを摂るようにしているとのことだった。身長163cm、体重43kg、B83、W58、H82というスタイルの良さの秘訣は食生活以外にも、趣味のヨガ、ウォーキング、ガーデニングや家族への愛情などにもあるのだろうか。さらに特技は、整理整頓と体が柔らかいこととあり、“才職兼美”ぶりがうかがえる。

その他、コンテストの各スポンサーから贈られる独自の賞には、「おっぱい美魔女賞」に日比志保さん(39歳・主婦)、「フォトジェニック美魔女賞」に永山朱実さん(41歳・エステティシャン)、「スリム美魔女賞」に藤川千景さん(40歳・ギャラリーサロンオーナー兼絵画アーティスト)、「腸美魔女賞」に柴田薫さん(42歳・会社経営)が選ばれた。

◆第1回国民的美魔女コンテスト
2010年 第1回国民的美魔女コンテスト初代グランプリ

草間淑江.jpg

名前:草間 淑江
住所:東京都
生年月日:1968年12月5日
身長:165cm
スリーサイズB:82cmW:62cmH:84cm
血液型:O型
趣味:ゴルフ、ワイン特技:場を読むこと
人をキレイにするための仕事をしているので、その責任として自分がキレイでいなければと思います。食は添加物を摂らず、ゴルフを愛し運動を怠らず、正しい肌の手入れをし、生涯現役!を目指しています。

★魔女(びまじょ)は、光文社が発行するファッション雑誌『美STORY/美ST』による造語。才色兼備の35歳以上の女性を指し、「魔法をかけているかの様に美しい」ところからきている。

『美STORY』が月刊化され、のちに『美ST』へ改称されたのちも、誌面で引き続きこの語が用いられている。なお、光文社はこの語を商標登録している。

背景
2009年8月頃、女性向けファッション雑誌『美STORY』が、40代の女性に必要なのは「美しくなる為の方法」「内側から美しくなる食事」「美しさをキープする習慣」であると提案した。美STORYが季刊誌から月刊誌になることを機に立ち上げられたサイト上で、“7人の美魔女会議”というブログがスタートした時から、美魔女という言葉が広まっていった。その7人は、松島三季、水谷雅子、吉田貴子、上田実絵子、吉田真希子、山本未奈子、潤子ララビュール。ブームのきっかけとなったのは、同誌の編集長•山本由樹が仕掛けた「国民的美魔女コンテスト」だった。2010年11月に開催されたコンテストには、全国から35歳以上の女性が約2,500人集まり、テレビ番組などで取り上げられた結果、「美魔女」という言葉の認知度を一気に上昇させた。

実業家の藤田康人は、『美STORY』編集長・山本由樹のブームの仕掛け方が巧妙であったと述べている。まず、雑誌というブランド力と信憑性の高いメディアから"美魔女"という話題性のある言葉を発信し、実際にコンテストを開催することで、その話題性を急増させた。そして、次にウェブという情報拡散性の高いメディアで読者を投票や書き込みという行為でコンテストに擬似参加させる仕組みは最先端の統合的なマーケティングコミュニケーションの事例といえる、と批評した。また、雑誌の発行部数減少や広告不振など、雑誌というメディアの存在意義そのものが問われていると危機感を持ちながらも、新しい方向性が見出せない業界にとって、この山本の「美魔女ブーム」の仕掛け方は、雑誌メディアの今後のビジネスモデルの新しい形を示しているのではないかとも語った。

定義
ブームを仕掛けたファッション雑誌『美STORY』は「年齢という言葉が無意味なほどの輝いた容姿」「経験を積み重ねて磨かれた内面の美しさ」「いつまでも美を追求し続ける好奇心と向上心」「美しさが自己満足にならない社交性」という条件を備えた"エイジレスビューティー"な女性を「美魔女」と定義している。しかし、一部では単に「年齢を感じさせない若さを保っている大人の女性」という意味で使われている
posted by kisebeauty50 at 02:51| Comment(0) | 美しい人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。