2012年07月15日

ファッションショー「ファッション カンタータ from KYOTO」がこのほど、京都市にある真言宗総本山の東寺(教王護国寺)で開催

東寺でファッションショー開催=京都


 京都が育んできた伝統的な服飾文化の良さをアピールするファッションショー「ファッション カンタータ from KYOTO」がこのほど、京都市にある真言宗総本山の東寺(教王護国寺)で開催された。京都商工会議所などが主催し、京都府と京都市が共催。国宝の五重塔がそびえる境内の金堂と講堂の間を利用した舞台で、和装と洋装の美しさのうたげが繰り広げられた。

 20回目の今年は「恋」がテーマ。モデルは、フランスのファッションブランド「クロエ」の服や、京都で活動している4人の作家が手掛けた着物に身を包んだモデルの登場に観客の目はくぎ付け。モデルで女優の杏さんらの出演や、仏の歌手クレモンティーヌさんの歌声などが彩りを添えた。3回のショーで約3000人が詰め掛けた

★東寺(とうじ)は、京都市南区九条町にある全ての真言宗寺院の総本山、根本道場であり、東寺真言宗の総本山でもある寺院。「教王護国寺」(きょうおうごこくじ)とも呼ばれる。山号は八幡山。本尊は薬師如来。

東寺は平安京鎮護のための寺院として計画された後、嵯峨天皇より空海(弘法大師)に下賜され、真言密教の根本道場として栄えた。中世以降の東寺は弘法大師に対する信仰の高まりとともに「お大師様の寺」として庶民の信仰を集めるようになり、21世紀の今日も京都の代表的な名所として存続している。昭和9年(1934年)に国の史跡に指定、平成6年(1994年)12月には「古都京都の文化財」として世界遺産に登録された。

名称

この寺には「東寺」および「教王護国寺」という2つの名称があり、百科事典等でも東寺を見出し語とするものと教王護国寺を見出し語とするものがある。さらに正式名として「金光明四天王教王護国寺秘密伝法院」と「弥勒八幡山総持普賢院」の2つの名称がある。宗教法人としての登録名は「教王護国寺」である。

「教王」とは王を教化するとの意味であり、教王護国寺という名称には、国家鎮護の密教寺院という意味合いが込められている。宗教法人としての名称が教王護国寺であるため、寺内の建造物の国宝・重要文化財指定官報告示の名称は「教王護国寺五重塔」等となっている。そうした観点からは、近代以降の法人名としては教王護国寺が正式名称であるといえる。

ただし、東寺という名称も単なる通称・俗称ではなく、創建当時から使用されてきた歴史的名称である。平安時代以降近世まで、公式の文書・記録等には原則として「東寺」という表記が用いられ、それが正式名称であり、「教王護国寺」という呼称は特殊な場合以外には用いられなかった。教王護国寺という名称は平安時代の記録類には一切見えず、正式の文書におけるこの寺号の初出は仁治元年(1240年)である。後宇多天皇宸翰の国宝「東寺興隆条々事書」(延慶8年=1308年)、後宇多天皇宸翰「庄園敷地施入状」、豊臣秀吉が2,030石の知行を認めた天正19年(1591年)の朱印状など、寺の歴史に関わる最重要文書にも明確に東寺と表記されている。現代においても、南大門前の石柱には「真言宗総本山 東寺」とあり、南大門、北大門、慶賀門などに掲げられた寺名入りの提灯には「東寺」とあり、宝物館の名称を「東寺宝物館」とするなど、寺側でも通常は東寺の呼称を使用している。


本項では以下、「東寺」の表記を用いる。

歴史

8世紀末、平安京の正門にあたる羅城門の東西に「東寺」と「西寺」(さいじ)[5]という2つの寺院の建立が計画された。これら2つの寺院は、それぞれ平安京の左京と右京を守る王城鎮護の寺、さらには東国と西国とを守る国家鎮護の寺という意味合いを持った官立寺院であった。

南北朝時代に成立した、東寺の記録書『東宝記』によれば、東寺は平安京遷都後まもない延暦15年(796年)、藤原伊勢人という人物が造寺長官(建設工事責任者)となって建立したという。藤原伊勢人という人物については、公式の史書や系譜にはその名が見えないことから、実在を疑問視する向きもあるが、東寺では古くからこの796年を創建の年としている。それから20数年後の弘仁14年(823年)、真言宗の宗祖である弘法大師空海は、嵯峨天皇から東寺を賜った。この時から東寺は国家鎮護の寺院であるとともに、真言密教の根本道場となった。

東寺は平安後期には一時期衰退するが、鎌倉時代からは弘法大師信仰の高まりとともに「お大師様の寺」として、皇族から庶民まで広く信仰を集めるようになる。中でも空海に深く帰依したのは後白河法皇の皇女である宣陽門院(1181年 - 1252年)であった。

宣陽門院は霊夢のお告げに従い、東寺に莫大な荘園を寄進した。また、「生身供」(しょうじんく、空海が今も生きているがごとく、毎朝食事を捧げる儀式)や「御影供」(みえく、毎月21日の空海の命日に供養を行う)などの儀式を創始したのも宣陽門院であった。空海(弘法大師)が今も生きているがごとく朝食を捧げる「生身供」の儀式は、21世紀の今日も毎日早朝6時から東寺の西院御影堂で行われており、善男善女が参列している。また、毎月21日の御影供の日には東寺境内に骨董市が立ち「弘法市」「弘法さん」として親しまれている。

中世以後の東寺は後宇多天皇・後醍醐天皇・足利尊氏など、多くの貴顕や為政者の援助を受けて栄えた。文明18年(1486年)の火災で主要堂塔のほとんどを失うが、豊臣家・徳川家などの援助により、金堂・五重塔などが再建されている。何度かの火災を経て、東寺には創建当時の建物は残っていないが、南大門・金堂・講堂・食堂(じきどう)が南から北へ一直線に整然と並ぶ伽藍配置や、各建物の規模は平安時代のままである。

伽藍
東寺金堂
東寺講堂
御影堂(大師堂)
金堂

国宝。東寺の中心堂宇で、諸堂塔のうちもっとも早く建設が始められ、東寺が空海に下賜された弘仁14年(823年)までには完成していたと推定される。当初の堂は文明18年(1486年)の土一揆で焼失し、その後1世紀近く再建されなかった。現存の建物は慶長8年(1603年)、豊臣秀頼の寄進によって再建したもので、奉行として片桐且元が任にあたった。入母屋造本瓦葺きで、外観からは二重に見えるが一重裳階(もこし)付きである。建築様式は和様と大仏様(天竺様)が併用され、貫や挿肘木を多用して高い天井を支える点に大仏様の特色が見られる。内部は広大な空間の中に本尊の薬師如来坐像と日光菩薩、月光菩薩の両脇侍像が安置されている。

木造薬師如来及び両脇侍像(重要文化財) - 金堂本尊。中尊の像高2.88メートル、台座と光背を含めた総高は10メートルに達する巨像で、中尊の光背には七仏薬師像を配している。台座の懸裳の下には薬師如来の眷属である十二神将像が配されている。仏師康正の作で、日本の仏教彫刻衰退期である桃山時代における佳作である。薬師如来像が左手に薬壺を持たず、坐法が左脚を上にする降魔坐である点、台座を古風な裳懸座とする点などに復古的要素が伺える。

講堂

重要文化財。金堂の背後(北)に建つ。東寺が空海に下賜された弘仁14年(823年)にはまだ建立されておらず、天長2年(825年)空海により着工、承和2年(835年)頃完成した。当初の堂は文明18年(1486年)の土一揆による火災で焼失し、室町時代の延徳3年(1491年)に再建されたのが現存する講堂である。

単層入母屋造で純和様である。金堂が顕教系の薬師如来を本尊とするのに対し、講堂には大日如来を中心とした密教尊を安置する。すなわち、須弥壇中央には大日如来を中心とする五体の如来像(五仏、五智如来)、向かって右(東方)には金剛波羅密多菩薩を中心とする五体の菩薩像(五大菩薩)、向かって左(西方)には不動明王を中心とした五体の明王像(五大明王)が安置されている。

また、須弥壇の東西端にはそれぞれ梵天・帝釈天像、須弥壇の四隅には四天王像が安置されている。以上、全部で21体の彫像が整然と安置され、羯磨曼荼羅(立体曼荼羅)を構成している。これら諸仏は、日本最古の本格的な密教彫像であり、空海没後の承和6年(839年)に開眼供養が行われているが(『続日本後紀』)、全体の構想は空海によるものとされる。21体の仏像のうち、五仏(重要文化財に指定)のすべてと五大菩薩の中尊像は室町時代から江戸時代の補作であるが、残りの15体は講堂創建時の像で、平安時代前期を代表する密教彫像として国宝に指定されている。

これら21体の仏像の表す具体的意味について、かつては仁王経に基づく羯磨曼荼羅であると説明され、仁王経と金剛界法とを融合したものとも説かれるが、空海の真意が何であったかについてはさまざまな解釈があり、定説をみない。

五仏坐像(重要文化財) - 金剛界大日如来を中心とし、周囲に宝生如来、阿弥陀如来、不空成就如来、阿閦如来(あしゅくにょらい)を配す。大日如来像は明応6年(1497年)、仏師康珍の作。宝生如来、不空成就如来、阿閦如来の各像は江戸時代の作で、阿弥陀如来像は頭部のみ平安時代の古像のものを流用し、体部は江戸時代の作である。

五大菩薩坐像(国宝) - 金剛波羅蜜多菩薩を中心に、周囲に金剛宝菩薩、金剛法菩薩、金剛業(ごう)菩薩、金剛薩埵(さった)の各像を配す。中尊の金剛波羅蜜多菩薩像は江戸時代の作で国宝の指定外である。他の4体は後世の補修が多いが、当初像である。一木造に乾漆を併用し、作風・技法ともに奈良時代風が強い。
五大明王像(国宝) - 不動明王像を中心に、降三世明王、軍荼利明王、大威徳明王、金剛夜叉明王像を配す。東寺御影堂の不動明王像とともに、明王像としては日本最古の作例である。

梵天坐像・帝釈天半跏像(国宝) - 梵天像は法隆寺などにある奈良時代の像と異なり、4面4臂の密教像であり、4羽の鵞鳥が支える蓮華座上に坐す。帝釈天像は甲を着け、白象に乗り、左脚を踏み下げる。両像の台座、帝釈天像の頭部などは後補である。

四天王立像(国宝) - 4体のうち持国天像は表情に怒りをあらわにし、激しい動きを見せるが、他の3体の表現は抑制されている。多聞天像は後補部分が多く、作風も他の像と異なっている。

食堂(じきどう)

講堂の後方、境内の北寄りに建つ。初代の食堂は空海没後の9世紀末から10世紀初め頃にかけて完成したと推定されるが、文禄5年(1596年)の地震で倒壊。2世紀以上後の寛政12年(1800年)にようやく再建工事が始められた。この江戸時代再建の食堂は昭和5年(1930年)に火災で焼失し、現在の建物はその後の再建で、昭和9年(1934年)に完成したものである。

旧本尊の千手観音立像はこの時の火災で焼損したが、昭和40年(1965年)から修理が実施され、現在は寺内の宝物館に安置されている。現在の食堂には明珍恒男作の十一面観音像が本尊として安置されている。

五重塔

国宝。東寺のみならず京都のシンボルとなっている塔である。高さ54.8メートルは木造塔としては日本一の高さを誇る。天長3年(826年)空海により、創建着手にはじまるが、実際の創建は空海没後の9世紀末であった。雷火や不審火で4回焼失しており、現在の塔は5代目で、寛永21年(1644年)、徳川家光の寄進で建てられたものである。初重内部の壁や柱には両界曼荼羅や真言八祖像を描き、須弥壇には心柱を中心にして金剛界四仏像と八大菩薩像を安置する。真言密教の中心尊である大日如来の像はここにはなく、心柱を大日如来とみなしている。江戸時代初期の作風を伝える。

御影堂

国宝。かつて空海が住房としていた、境内西北部の「西院」と呼ばれる一画に建つ住宅風の仏堂である。前堂、後堂、中門の3部分からなる複合仏堂で、全体を檜皮葺きとする。昭和33年(1958年)の国宝指定時の名称は「大師堂」であるが、寺では主に「御影堂」の名称を用いている。

当初の堂は康暦元年(1379年)の火災による焼失後、その翌年に後堂部分が再建された。10年後の明徳元年(1390年)、弘法大師像を安置するために北側に前堂、その西側に中門が増築された。後堂(南側)には空海の念持仏とされる不動明王坐像(国宝、9世紀)を安置する。厳重な秘仏で非公開であるが、日本の不動明王像としては最古の作例の1つである。

北側の前堂には弘法大師坐像(国宝)を安置する。この像は東寺の親厳の依頼により、天福元年(1233年)運慶の4男康勝が制作したもので、空海の弟子の真如が描いた空海の肖像とほぼ同じといわれている。この像は庶民の信仰を広く集めており、像の前では、毎朝6時に「お大師様」に朝食を捧げる「生身供」(しょうじんく)が執り行われ、多くの参拝者が集まる。

その他の堂宇
大日堂 平成12年(2000年)に大改修を終えた。浜田泰介の障壁画がある。大日如来像を安置する。 大日如来像(平安時代造)

毘沙門堂 御影堂の南側にある。以前羅城門の二階にあった、兜跋毘沙門天を安置するために建てられた。兜跋毘沙門天(国宝)は現在宝物館に収蔵。京都の都七福神(毘沙門天)である。 灌頂院(重要文化財) 境内南西隅に位置する。伝法灌頂(密教の奥義を師匠から弟子へ伝える儀式)、後七日御修法(ごしちにちのみしほ:正月の8日から14日までの間に、天皇の安泰を祈願する儀式)などの儀式を執り行うための堂で、内部には仏像は安置されていない。

床は石畳になっており、土足厳禁となっている。 宝蔵(重要文化財) 拝観入口の慶賀門の南側、掘割で囲まれた中に建つ。平安後期建立の校倉(あぜくら)造倉庫で、東寺最古の建造物である。 鎮守八幡宮 南大門を入った左側にある。明治元年(1868年)に焼失後、1世紀以上を経た平成4年(1992年)に再建。東寺の鎮守神である僧形八幡神像と女神(じょしん)像2体を安置する。薬子の変の際、空海はここで嵯峨天皇勝利の祈祷を行っている。 南大門(重要文化財) 明治28年(1895年)、三十三間堂の西門を移築したもの。九条通り(九条大路)に面しており、京阪国道口交差点から東へ約100mの場所にある。

蓮花門(国宝) 鎌倉時代再建の八脚門。本坊西側、壬生通りに面して建つ。 小子房 昭和9年(1934年)に再建されたもの。内部は6個の部屋(鷲の間、雛鶏の間、勅使の間、牡丹の間、瓜の間、枇杷の間)からなる。各部屋の障壁画は堂本印象により描かれた。小子房の西の門は蓮華門と呼ばれ国宝である。 太元堂 北大門を出た右側にある。

鎮護国家を司るという大元帥明王と四天王を祀る。大元帥明王は憤怒の形相であるといわれている。 弁天堂 北大門を出た右側にある。音楽・技芸・財産を司るという弁才天を祀る。 東寺宝物館 北大門を出た左側にある。春や秋の観光シーズンなどに、普段公開しない寺宝を展示する。
塔頭

観智院 五大の庭 観智院 北大門を出て櫛笥(くしげ)小路を進んだ右側に位置する。塔頭寺院であるが、別格本山となっている。学僧であった杲宝(ごうほう)を1世として延文4年(1359年)[6]に子院として創建された。杲宝は現在国宝となっている「東宝記」という東寺の創建から室町時代に至る寺史をまとめた。これは弟子の賢宝により補足完成された。観智院は東寺のみならず真言宗全体の勧学院と位置づけられ、多くの学僧を輩出している。経蔵である金剛蔵には膨大な文書・典籍・聖教類が所蔵されていたが、現在は東寺宝物館に移されている。

通常非公開であるが、春秋などに特別公開される場合がある。 客殿(国宝) - 慶長10年(1605年)の建立。桃山時代の典型的な書院造りの建造物として国宝に指定されている。上の間には宮本武蔵筆といわれる「鷲の図」などの襖絵がある。客殿南の庭園は「五大の庭」と称される。

本堂 - 本尊の五大虚空蔵菩薩像は唐からの請来像で、青龍寺の本尊であったものといわれている。
宝菩提院 弘安2年(1279年)創建と伝えられる。櫛笥小路沿いの、観智院の北側にある塔頭である。別格本山となっている。もとは観智院と櫛笥小路をはさんで東西対称に建てられていたが、明治14年(1881年)「総黌」(そうこう)開学に伴い現在地に移転した。総黌は現在洛南高等学校となっている。観智院の道をはさんで向かいがわには、宝菩提院の正門であった古い本瓦葺きの門がある。
関連施設

北大門を出て櫛笥小路を進んだ左側に、洛南高等学校・附属中学校がある。

文化財

史跡

境内が「教王護国寺境内」として国の史跡に指定されている。

国宝

(建造物)
金堂
五重塔
大師堂
蓮花門
観智院客殿 - 慶長11年(1606年)の建立。

(絵画)
絹本著色真言七祖像(絵画) - 真言宗の祖師7人の肖像画。7幅のうち5幅は空海が唐から持ち帰ったもので、損傷甚大とはいえ、唐時代絵画の数少ない遺品としてきわめて貴重。

絹本著色五大尊像 - 宮中で正月の8日から14日までの間行われた後七日御修法(ごしちにちのみしほ:天皇の健康を祈る密教の修法)の際に道場に掛けられた仏画。平安後期の作。

絹本著色両界曼荼羅(伝・真言院曼荼羅) - 日本に伝わる両界曼荼羅のうち、もっとも著名なもの。鮮烈な色彩とインド風の濃い諸仏の官能的な肢体のが特色。「西院曼荼羅」とも称する。平安初期、9世紀の作。
絹本著色十二天像 六曲屏風一双 - 鎌倉時代、宅磨派の作。

(彫刻)
木造五大菩薩坐像(金剛薩埵・金剛法・金剛宝・金剛業の4躯。後世作の中尊像は指定外) - 講堂安置
木造五大明王像(不動明王・降三世明王・大威徳明王・軍荼利明王・金剛夜叉明王 の5躯) - 講堂安置
木造梵天・帝釈天像 - 講堂安置
木造四天王立像 - 講堂安置
木造不動明王坐像・天蓋 - 大師堂(御影堂)安置
木造弘法大師坐像(康勝作) - 大師堂(御影堂)安置
木造兜跋毘沙門天立像 - 像高189.4cm。もと平安京の羅城門楼上に安置されていた像。天元3年(980年)羅城門が倒壊したとき、何者かによって、瓦礫の中から掘りだされ、東寺に運ばれたという。使われている木は、中国産の魏氏桜桃である。中国・唐時代の作。宝物館に安置。
木造僧形八幡神坐像1躯、女神坐像2躯、附・武内宿禰坐像 - 鎮守八幡宮安置。平安初期の作。日本の神像の最古作の1つ。

(工芸品)
密教法具 - 唐時代制作の仏具一式。空海の請来品。
犍陀穀糸袈裟・横被(けんだこくし けさ・おうひ) - 唐時代の染織工芸品。空海の請来品。
海賦蒔絵袈裟箱(かいぶまきえ けさばこ) - 平安初期の漆工芸品。上記袈裟を収納するためのもの。
紫檀塗螺鈿金銅荘舎利輦(したんぬりらでんこんどうそう しゃりれん) - 舎利会(しゃりえ:仏陀の遺骨をたたえる年中行事)で用いるもので、神社の神輿に似ている。「紫檀塗螺鈿金銅荘」とは、黒漆塗に朱漆で木目を描き(紫檀塗)、螺鈿(貝殻を用いた装飾)と金銅(銅に金メッキしたもの)で飾ったという意味である。

(書跡・典籍、古文書)
弘法大師筆尺牘(風信帖)(こうぼうだいしひつせきとく・ふうしんじょう) - 「尺牘」とは漢文体の手紙のこと。空海自筆の手紙3通を巻物に仕立てたもので、日本書道史上きわめて貴重な作品である。1通目の手紙(最澄あて)の冒頭の「風信雲書」という句にちなんで「風信帖」と通称される。
弘法大師請来目録 - 空海が唐から持ち帰った品の目録で、筆者は最澄である。

後宇多天皇宸翰東寺興隆条々事書御添状(ごうだてんのうしんかん とうじこうりゅうじょうじょうことがき おんそえじょう) - 「宸翰」は「天皇の自筆」の意。弘法大師に帰依した後宇多天皇が、出家の翌年に東寺の発展を願って書き記したもの。
東宝記 - 南北朝から室町時代に成立した、東寺の公式記録書。

重要文化財

(建造物)
講堂
慶賀門
東大門
南大門
北大門
北総門
宝蔵
灌頂院、同北門、同東門
五重小塔

(絵画)
絹本著色十一面観音像
絹本著色不空羂索観音像
絹本著色両界曼荼羅図4点(甲本、乙本、永仁本、元禄本)
絹本著色両界曼荼羅図(敷曼荼羅)
紙本著色弘法大師行状絵詞 12巻
紙本墨画蘇悉地儀軌契印図(伝宗叡請来)
紙本墨画胎蔵曼荼羅略記
密教図像10点(火羅図 1幅、仁王経法本尊像 5幅、聖天像 1幅、大元帥明王像(六面八臀像)1幅、大元帥明王像(六面八臀像)1幅、大元帥明王像(四面八臀像)1幅、 大元帥曼荼羅図(十八面三十六臀像)1幅、大元帥曼荼羅図(四面八臀像)1幅、請雨経曼荼羅図 1幅、六大黒天像 1幅)

(彫刻)
木造薬師如来及両脇侍像(金堂安置)
木造大日如来坐像、附・金剛界四仏坐像(講堂安置)
木造千手観音立像(旧食堂本尊)
木造聖僧文殊(しょうそうもんじゅ)坐像
木造地蔵菩薩立像
木造観音菩薩・梵天・帝釈天立像(二間観音)
木造五大虚空蔵菩薩像(伝恵運将来)(所在観智院)

(工芸品)
鈸子(ばっし)一対
金銅大鋺2口・金銅鋺7口・金銅皿5枚・金銅鋺蓋8枚
金銅舎利塔
金銅鉢 5口
金銅羯磨 4口
刻文脇息
漆皮箱
水精念珠
法会所用具類(ほうえ しょようぐるい) - 舞楽水引 残欠共6枚、蛮絵袍 5領、舎利会装束(大帷6領、袴4腰、大口3腰)、舎利会散花机前垂(赤蓮華文錦) 1枚、奚婁(けいろ)1口、鼗(ふりつづみ)1口、羯鼓(台付)1口、 鼓胴(皮各2枚付)2口、鉦鼓 1口、木履 5両、十二天持物 13本、竜頭 9頭、行道面 11面、附:舞装束箱 1口、法会所用具箱 2合・1口、太鼓皮 2枚、舎利会装束残欠 一括
木造彩色大壇

(書跡・典籍、古文書)
絹本著色弘法大師像 画賛(伝後宇多院宸翰)あり(談義本尊)
悉曇蔵 巻三、巻八
宋版一切経(うち和刻本7帖、補写本18帖)6,087帖
宋版大般若経(うち補写本9帖)642帖
大般若経 597巻
大般若経(神泉苑寄進経)587帖
大仏頂陀羅尼
仏説灌頂経 12帖
本朝明匠略伝 下
東寺観智院聖教類(しょうぎょうるい) 15,402件
弘法大師遺告(絹本)
後醍醐天皇塔供養御願文
舎利奉請文 後光厳院宸翰
舎利奉請誡文 後醍醐院宸翰
庄園敷地施入状 後宇多院宸翰 2巻
東寺文書(六芸之部) 91巻
東寺学衆方評定引付 101冊

(考古資料)
平安京古瓦 3箇

東寺旧蔵の国宝・重要文化財

以下は東寺旧蔵で第二次大戦後に寺の所有を離れた国宝・重要文化財である(国宝・重要文化財指定後に寺を離れたものに限る)[7]。

(国宝)
絹本著色十二天像 12幅(京都国立博物館蔵)−平安後期の色彩華麗な仏画。
絹本著色山水屏風(せんずいびょうぶ)(京都国立博物館蔵)−密教の儀式の際、道場に立てられた屏風。平安後期。
牛皮華鬘(ごひけまん)(奈良国立博物館蔵)
後宇多院宸記(国立歴史民俗博物館蔵)
三宝絵詞(東京国立博物館蔵)
入唐求法巡礼行記(にっとうぐほうじゅんれいこうき)(岐阜県・法人蔵)−円仁著の写本。
類聚名義抄(天理大学蔵・天理大学附属天理図書館保管)

(重要文化財)
(京都国立博物館蔵)木造十二天面 7面
(奈良国立博物館蔵)七大寺日記
(国立歴史民俗博物館蔵)後醍醐院消息
(MOA美術館蔵)絹本著色求聞持曼荼羅図、絹本著色童子経曼荼羅図、諸尊図像、伝法正宗定祖図、九曜星図像、仁王経法図像、太元明王図像、白描曼荼羅集、星曼荼羅図残欠、白銅水瓶、彩絵曲物笥、黒漆螺鈿礼盤、雑伎彩絵唐櫃
(天理大学附属天理図書館蔵)古文尚書巻第十一、世俗諺文上巻、類聚三代格巻第三、作文大躰、古文孝経、蒙求 康永四年書写、蒙求 建永元年及建保六年奥書、文選巻第廿六
(岐阜・法人蔵)絹本著色閻魔天像、絹本著色愛染明王像、絹本著色宝楼閣曼荼羅図、雲龍図 円山応挙筆、銅造菩薩立像
(個人蔵)絹本著色仏眼曼荼羅図、絹本著色普賢延命像

指定解除された重要文化財
木造四天王立像(旧食堂安置) - 昭和5年(1930年)12月21日の「弘法市(終い弘法)」の日に食堂(じきどう)が失火で焼失した際、内部に安置されていた本尊千手観音立像と四天王像(いずれも旧国宝)も焼損。千手観音像は修復され、旧国宝指定解除はなされなかったが、四天王像は焼損の程度が大きかったため修復不可能と判断され指定解除された。

この四天王像は表面が黒焦げ状態にはなっているものの、像の概形は残っている。平成5年(1993年)から合成樹脂注入による表面の硬化が行われ、現在は再建された食堂に安置されている。像高3mを越える日本でも最大級の四天王像である。西村公朝によれば現在の技術であれば修復し文化財の再指定が可能という。

東寺伝来文書

東寺伝来の文書群のうち、下記が国宝・重要文化財に指定されている。東寺百合文書(ひゃくごうもんじょ)以下3件は第二次大戦後に京都府及び京都大学に譲渡されたもの。滋賀県所有分は江戸時代に流出したものである。
東寺百合文書(京都府立総合資料館蔵、国宝)
東寺観智院伝来文書典籍類(京都府立総合資料館蔵、重要文化財)
教王護国寺文書(京都大学蔵、重要文化財)
東寺文書(滋賀県立琵琶湖博物館蔵、重要文化財)

弘法市

毎月21日は弘法大師にちなみ「弘法市」が開かれ、縁日が並ぶ。この市は俗に「弘法さん」と呼ばれて親しまれている。特に師走21日の「終い弘法」には、多くの人々が詰めかける。


参考文献
「東寺」縁起
京都国立博物館、東寺、朝日新聞社編 『東寺国宝展』(特別展図録)、朝日新聞社、1995年。
井上靖、塚本善隆監修、司馬遼太郎、鷲尾隆輝著 『古寺巡礼京都1 東寺』 淡交社、1976年。
『週刊朝日百科 日本の国宝』65 – 67号、朝日新聞社、1998年。
西村公朝 『仏像は語る』 新潮社
『日本歴史地名大系 京都市の地名』 平凡社
『角川日本地名大辞典 京都府』 角川書店
『国史大辞典』 吉川弘文館
特集「東寺よ開け!」『芸術新潮』第46巻第7号、1995年7月。
『大師のみてら 東寺』 教王護国寺

関連項目
東寺真言宗
古都京都の文化財
東寺長者
東寺駅 - 近鉄京都線にある最寄り駅。東寺は東寺駅から西へ約500m。

◆世界文化遺産 古都京都の文化財
賀茂別雷神社(上賀茂神社) - 賀茂御祖神社(下鴨神社) - 教王護国寺(東寺) - 清水寺 - 延暦寺 - 醍醐寺 - 仁和寺 - 平等院 - 宇治上神社 - 高山寺 - 西芳寺(苔寺) - 天龍寺 - 鹿苑寺(金閣寺) - 慈照寺(銀閣寺) - 龍安寺 - 本願寺(西本願寺) - 二条城

posted by kisebeauty50 at 12:44| Comment(0) | 建物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月14日

美しすぎる脚のモデル菜々緒は、フジテレビ“土ドラ”の第2弾「主に泣いてます」初挑戦で初主役という大役に、真っすぐ全力で挑んでいる

「主に泣いてます」 菜々緒ら「神キャスティング」に注目
菜々緒.jpg
 フジテレビ“土ドラ”の第2弾「主に泣いてます」は、絶世の不幸美人が主人公の痛快ギャグストーリー。美しすぎて幸せになれない主人公の紺野泉(菜々緒)は、自分の境遇を嘆き自殺しようとしていた海岸で、美大教授の青山仁(風間トオル)に命を救われ恋に落ちる。しかし、仁には妻のゆっこ(安達祐実)がいた。ゆっこにいびられモデル料の収入も得られない泉を支えるのは絵画教室の生徒、ツンデレ中学生のつね(草刈麻有)だ。つねは向島一の料亭の娘で、泉を世の男どもから守るための“子泣きじじい”や“ねずみ男”などのコスプレは、全てつねが買ったもの。

 ある日、絵画教室の臨時講師として天然パーマの美大生、赤松啓介(中丸雄一)がやってくる。赤松は自制心と戦いつつもどうしようもなく泉に心を奪われていく。その他、向島一のツッコミ、トキばあ(高泉淳子)、気持ちは乙女の小桃宣親(加藤諒)らが下町を舞台に、泉を中心とした片思いの連鎖物語を繰り広げる。

 主人公の泉を演じる菜々緒は、ドラマ初挑戦で初主役という大役に、真っすぐ全力で挑んでいる。モデルである彼女だが、泉の美しさを隠すために行う数々のコスプレも全く躊躇なし。新しいことへの挑戦が大好きな人なのである。
原作者の東村アキコさんも、菜々緒を筆頭に“神”キャスティングと絶賛! 原作に忠実にと制作されたドラマはテンポ良く、見て楽しくなること必至だ。ぜひ、ナオト・インティライミ書き下ろしの主題歌である泉応援ソング「ナイテタッテ」を口ずさみながら、新鮮な夏ドラマを楽しんでいただきたい。2話は、7月14日午後11時40分スタート!! 

◆菜々緒「ホントに毎日泣いてます…」いよいよ今夜放送!土ドラ『主に泣いてます』

 今夜7月7日(土)スタートの土ドラ『主に泣いてます』(フジテレビ系)は、絶世の幸薄美女を中心に東京の下町で繰り広げられる人情活劇。原作は、「モーニング」(講談社)で好評連載中の同名コミック(東村アキコ・作)。他人同士でも家族よりも絆が深く温かい下町を舞台に、一番愛してほしい人には愛されない、そんな涙の片思い連鎖を、ギャグ満載で描く。

 主人公は、言葉では語りつくせぬ有り余る美貌と美しすぎるカラダゆえ、たとえ一瞬すれ違うだけでも出会う全ての男性が恋をしてしまい、ほぼ確実に命懸けで交際を迫って来るため、まともに生活することもできず、社会から隠れるように孤独に生きる究極の幸薄美女・紺野泉。この役には、今の日本の芸能界で最もふさわしいといえる爆発的な美しさとオーラを持つモデルの菜々緒が連続ドラマは初挑戦、初主演となる。放送前日の7月6日(金)に囲み取材が行われ、主演の菜々緒が放送直前の心境を語ってくれた。

 徐々に撮影に馴染んできたという菜々緒だが「撮影当初は不安でいっぱいでした。自分が本当にできるのかなって…今もまだ不安はありますが、スタッフ、キャストの方々に温かく支えていただいき、和気あいあいとした現場で日々頑張っています。監督やプロデューサーにたくさんのアドバイスをいただいて日々成長しながら勉強しながら進んでいます」と今の心境をコメント。さらに「どこまで原作に忠実に再現されているか?見てくださる方々の期待に答えられるのか?放送前でかなり不安です」と心配な様子。

 今回初めて演技をすることについて聞いてみると「タイトル通り、本当に毎日泣いてます。泣きっぱなしです。お芝居は初めてでホントに難しいのですが、泣く演技は本当に大変です。日々訓練に訓練を重ねているところです」と菜々緒。そして「泣くシーンはタイミングもあるのですが、まだ調整ができなくて…まだまだこれからもっと勉強して、そして先輩方からもいろんなものを沢山吸収したいと思っています」と力強く語り、最後に「個性的なキャスト達の純愛、片思いの連鎖、心あたたまるストーリーです。そしてギャグ満載です!1話を見終わったあと、次の展開がすごく気になる感じです。ぜひご覧下さい!」とメッセージを寄せた。菜々緒のフレッシュな演技に期待が高まる!今夜の放送、ぜひご覧いただきたい!

■土ドラ『主に泣いてます』
2012年7月7日スタート 毎週土曜23:10〜23:55(フジテレビ系)

◆モデルの菜々緒が、最も美しい素足を持つ女性に贈られる「素足ビューティーアワード2012」に選ばれ、16日、東京都内で行われた授賞式に出席した。菜々緒は美脚の秘訣について「保湿と角質ケアが大切」と普段からリンパマッサージや角質ケアを怠らないということを明かした。歌手の西川貴教との交際について「順調ですか」との問いには「はい」と笑顔で答え、西川からも脚が「きれいだね」と褒められたことを明かした。


[菜々緒]西川貴教絶賛の美脚が受賞 「素足ビューティーアワード2012」




「素足ビューティーアワード2012」を受賞した菜々緒さん(左)とプレゼンターのスギちゃん


 モデルでタレントの菜々緒さんが16日、最も美しい素足を持つ女性に贈られる「素足ビューティーアワード2012」を受賞し、東京都内で行われた授賞式に美脚を強調したミニワンピース姿で登場した。「素足の美しさには恋愛も必要?」の取材陣からの問いかけに「はい」とうなずき、交際中の「T.M.Revolution」の西川貴教さんも菜々緒さんの脚を「『きれいだね』とほめてくれます」と明かし、順調な交際ぶりをうかがわせた。

 「素足ビューティーアワード2012」は、世の中の女性に向けて“フットケアを通して素足を美しく保つこと”を啓発・気づきを与えることを目的に、その年の女性著名人の中から素足が最も美しい人を表彰。その第1回にあたる今回、菜々緒さんが選ばれた。菜々緒さんは自身のフットケア法を「お風呂上がりに欠かさず保湿クリームを塗ってマッサージをしています」とコメントした。

 授賞式には、お笑い芸人のスギちゃんがプレゼンターとして登場し、菜々緒さんにクリスタル靴トロフィーを授与。「スギちゃんもクリーム塗ってるぜぇ〜。ほっといたらカサカサだぜ」と笑いを誘いつつアピール。スギちゃんは自転車で鍛えたふくらはぎが自慢ということで、「筋肉質で男らしい脚が好きです」と男性の脚について語っていた菜々緒さんも「スギちゃんの脚は85点」と採点。高得点をつけられたスギちゃんは「いや〜、最高だぜぇ〜。恋をしちゃうぜ」と喜んでいた。


★菜々緒(ななお、1988年10月28日 - )は、日本のファッションモデル、レースクイーン、タレント。旧芸名及び本名、荒井 菜々緒(あらい ななお)。2009年4月より名字を外して「菜々緒」とした。プラチナムプロダクション所属。
ななお
菜々緒
プロフィール
別名 荒井 菜々緒(旧芸名・本名)
生年月日 1988年10月28日
出身地 日本・埼玉県
血液型 O型
公称サイズ(2009年時点)
身長 / 体重 172 cm / 45 kg
BMI 15.2
スリーサイズ
バスト80cm - ウエスト57cm - ヒップ83cm
股下 / 身長比
85 cm / 49.4 %
靴のサイズ 22.5 cm

活動
デビュー 2008年
ジャンル モデル
モデル内容 一般
他の活動ファッション
その他の記録
大阪オートメッセイメージガール
(2010年2月)

来歴
2004年 - ファッション雑誌「SEVENTEEN」のオーディションであるミスセブンティーンの最終選考に残るが落選している。
2009年 - 長谷川ゆりや、中村恵理と共にSUPER GT「TEAM YOSHIKI ROCKSTAR Girl」としてレースクイーンデビュー。同年、同じ事務所の友稀サナと共に格闘技団体「戦極」のラウンドガールを務める。 6月 - 『ミスFLASH2009』のファイナリスト10名の中に選ばれるが、受賞しなかった。
8月 - ファッション雑誌『PINKY』の「プリンセスPINKYオーディション」で準グランプリを受賞。同時期に事務所内で立ち上げていたブログをGREEに一本化する。
9月5日 - 東京ガールズコレクション 2009ミスTGCグランプリに選ばれ、スポンサーのメイベリン ニューヨークの親善大使に決まる。
10月31日 - 国立代々木第一体育館で開かれたヘキサゴンファミリーコンサート2009でのファッションショーにゲスト出演し、一躍有名となる。
11月17日 - 2010三愛水着イメージガールに選ばれる。

2010年1月17日 - 2010SUPER GTイメージガール「G☆RACE」(グレース)のメンバーに選ばれる。 3月17日 - レースクイーン・オブ・ザ・イヤー 09-10に選ばれる。
4月 - ファッション雑誌『non-no』の専属モデルとなる。
10月 - アメーバブログを立ち上げる。

2012年 - 3月31日に放送された『うわっ!ダマされた大賞4時間SP』において、石川県七尾市の観光大使に任命される。 7月 - フジテレビ系連続ドラマ『主に泣いてます』で女優デビュー及び連続ドラマ初出演にして初主演する。


人物
出身校:浦和学院高等学校卒、共立女子大学卒
趣味:ショッピング、音楽鑑賞、アクセサリー集め、車の運転、釣り
2011年7月、西川貴教(T.M.Revolution)との交際を認めている。
佐藤かよとは幼稚園時代からの幼馴染で親友である。小学校に入ってからは佐藤かよが地元名古屋に帰り離れ離れだったが、20歳前後に再会し現在に至る。
兄がいる(自身のブログの記述による)。

出演

テレビ
バニラ気分!(フジテレビ - 2009年7月度)アシスタント
ブランディア〜うれしいことさがそう!〜(日本海テレビ 2010年4月 - 2011年9月)MC
くだまき八兵衛(テレビ東京 2010年4月 - )準レギュラー
ハッピーMusic(日本テレビ 2010年7月 - )準レギュラー
みんなのKEIBA 2011(フジテレビ 2011年)中山競馬場開催時のみ出演
サンデージャポン(TBS 2011年4月 - )不定期出演
なまうま - (フジテレビ)

テレビドラマ
主に泣いてます(フジテレビ - 2012年7月 - 9月) - 主演・紺野泉 役

ラジオ
イマドキッ シーズン2(MBSラジオ 2009年11月8日 - 2010年4月11日)
われらイマドキッ!〜DOKIDOKI商品研究所〜(MBSラジオ 2010年4月24日 - 10月2日)

雑誌
PINKY(集英社 2009 - 2010年)専属モデル
non-no(集英社 2010年4月 - 2011年?[要出典])専属モデル
GINGER(2011年?月 - )登場モデル

リリース作品

DVD
FOUR O‘CLOCK (イーネット・フロンティア 2010年4月)

CD(G☆RACEとして)
SUPER EUROBEAT presents SUPER GT 2010(avex trax 2010年4月28日) 曲名『FLY HIGH!!』
SUPER EUROBEAT presents SUPER GT 2010 -Second Round-(avex trax 2010年9月8日) 曲名『FLY AGAIN』

◆オマケ情報
菜々緒 公式ブログ - GREE
菜々緒オフィシャルブログ - アメーバブログ
菜々緒 (nanao1028) - Twitter
2010SUPER GTイメージガール G☆RACE OFFICIAL WEBSITE


プラチナムプロダクション
代表取締役:瀧澤勉
所属者
女性タレント
若槻千夏 | 岩佐真悠子 | 東原亜希 | 木下優樹菜 | 小倉優子 | 愛川ゆず季 | 相澤仁美 | 高山都 | 木口亜矢 | 丸居沙矢香 | 志摩夕里加 | さとう里香 | 松林菜々見 | 大矢真夕 | 手島優 | 星野加奈 | 佐野光来 | 青山玲子 | 馬越幸子 | 花清まゆこ | 渡辺志穂 | 齊藤夢愛 | 天野由加里 | 菜々緒 | 則島奈々美 | 林弓束 | 森崎まみ | 菅由彩子 | 弥香 | 椋名凛 | 大森美知 | トリンドル玲奈 | 吉田夏海 | 小林梨沙 | 沢口けいこ | 星あや | 鈴木咲 | 小田あさ美 | 中山美緒 | 中崎祐衣 | 黒沢美怜 | 三浦真理子 | 森摩耶 | 黒木なつみ | 望月みさ | 林紗久羅 | 木村好珠 | 工藤えみ | 中村アン | 高橋かれん | 柴原麻衣 | 吉川智恵 | 西平風香 | Rien | ソンミ | 桐川りさ | MAO | 高梨麻衣 | 服部愛 | 松井ありさ | 村上まりな | 北川富紀子 | 水野まい | 大石絵理 | 大塚光 | 手塚可奈子 | 安田エリカ | 間宮梨花 | 田辺岬 | 神室まい | ストューカス・マーガレット・美香子 | 井出レイコ | 鎌田安里紗 | 佐藤あずみ | 清田絵里加 | 新あず | 加藤遥 | 由井香織 | 栄木明日香 | 筧美和子 | 深沢あかり | 酒井美空

男性タレント
KABA.ちゃん | 袴田吉彦 | 中村譲 | 標永久 | 岡崎和寛 | 坂口和也 | 佐藤歩 | 塩口量平 | 鹿野蛍 | 蟹江アサド | 黒田翔一朗

アーティスト
高杉さと美 | SHANADOO(渋谷千賀・福田淳子・福愛美・源田マリナ) | 吉田愛璃 | Silent Siren(吉田菫・梅村妃奈子・山内あいな・寒川綾奈) | BeeBee(京増舞・坂本真里亜・西原有紀)

文化人・アスリート
角川慶子(ライター) | 平手晃平(レーシングドライバー) | 中野信治(レーシングドライバー) | 山本美憂(レスリング選手) | Tack(ボディビルダー) | 風香(プロレスラー) | 藤本京太郎(プロボクサー) | 上松大輔(キックボクサー) | 亀田砂由里(プロサーファー) | 中村昭太(プロサーファー) | 榎戸崇人(ボディボーダー) | 平野司(トライアスリート) | 小原聡将(ジェットスキーヤー) | 三星マナミ(プロスキーヤー) | 高村直樹(自転車競技選手) | 竹中夏海(振付師) | 堀内尚子(ラジオパーソナリティ)

所属者ユニット
wi☆th | vivace | P-ch! | オーパーツ | 4☆TUNE | Shiny | Airy | DDS・Swallows Wings | angelic | D-Rive | G☆RACE | ぱすぽ☆ | predia | BA5


★レースクイーン・オブ・ザ・イヤー
2000年代
00 吉岡美穂 | 01 森下千里 | 02 河上智子 | 03 里中あや | 04 斉藤優/西川歩 | 05 原田まり | 06-07 山崎みどり | 07-08 相川友希 | 08-09 大矢真夕 | 09-10 菜々緒
2010年代
10-11 丸山えり

★ SUPER GTイメージガール
1999年「PASSION(パッション)」
山中百合子 - 越田仁美 - 山口五和 - 大川伸子
2000年「PASSION2000」
山口五和 - 石川加奈子 - 原田梢 - 真崎麻衣
2001年「PASSION」
石川加奈子 - 手塚香織 - 毛利百恵 - 本橋春花
2002年「wi☆th(ウィズ)」
若槻千夏 - 伊織 - 高杉さと美 - 星野加奈
2003年「tiara(ティアラ)」
小笠原美帆 - 橋本紗和 - 朝倉ひさみ - 坪水恵美
2004年「vivace(ヴィヴァーチェ)」
福田淳子 - 渋谷千賀 - 福愛美 - 番ことみ
2005年「P-ch!(ピーチ)」
愛川ゆず季 - 相澤仁美 - 渋谷真由 - 清原みゆき
2006年「4☆TUNE(フォーチュン)」
丸居沙矢香 - 木口亜矢 - 菊地亜沙美 - 榎並沙知
2007年「Shiny(シャイニー)」
鈴木礼央奈 - 志摩夕里加 - 佐藤里香 - 丹野友美
2008年「Airy(エアリー)」
助川まりえ - 友稀サナ - 村岡沙耶香 - ロペス貴子
2009年「angelic(アンジェリック)」
鈴木咲 - 永井麻央 - 実はる那 - 花木衣世
2010年「G☆RACE(グレース)」
新田梢恵 - 中村アン - 服部愛 - 菜々緒 - 高梨麻衣 - 吉田愛璃 - 山崎麻衣 - 工藤えみ

マレーシアラウンドイメージガール※1
2004年「紅 KURENAI」(クレナイ)
堀内晶子 - 澄谷薫 - 青木美樹 - 山本渚
2005年「babes」(ベイブス)
小口亜紀 - 秋山まい - 浅見薫
2006年「babes」
朝倉ひさみ - 澄谷薫 - 小口亜紀
2007年「babes」
藍原ももよ - 小口亜紀
2008年「SUPER GT QUEEN」
黒沢琴美 - 佐々木綾美
2009年「SUPER GT QUEEN」
友稀サナ - 柴田なな
2010年
新田梢恵 - 服部愛
2011年
佐々木綾美
2012年
高橋としみ


posted by kisebeauty50 at 09:44| Comment(0) | モデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月12日

プラチナ・ギルド・インターナショナルは12日、「第4回プラチナ・ミューズ アワード」を開催し、本年度のミューズとして女優の木村佳乃を表彰!「本物は永遠、普遍、プラチナ・ジュエリーのように輝き続けたい」



プラチナ・ジュエリーの国際的広報機関であるプラチナ・ギルド・インターナショナル(Platinum Guild International)は12日、「第4回プラチナ・ミューズ アワード」を開催し、本年度のミューズとして女優の木村佳乃(Yoshino Kimura)を表彰した。

 プラチナ・ミューズ アワードは、時を超えてもエレガントでその輝きが変わらないプラチナ・ジュエリーのように、美しさを保ち、女性が憧れる最も輝いているワーキング・ウーマンをこれまで表彰してきた。過去には、女優の米倉涼子(Ryoko Yonekura)や滝川クリステル(Christel Takigawa)、中谷美紀(Miki Nakatani)が受賞。第4回目となる今年は、女優として母として、ますます輝きを増して活躍する木村佳乃が受賞した。「本物は永遠、普遍。このプラチナ・ジュエリーのように輝き続けられるよう、がんばりたい」と語った。
posted by kisebeauty50 at 21:49| Comment(0) | 女優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月07日

美しすぎるドイツのバレエダンサーピーナ・バウシュ(Pina Bausch)の3回忌にさまざまなイベントが催される。

■「ピナ・バウシュが愛した音楽家 三宅純」■
  会期:2012年6月19日(火)−7月8日(日)
  会場:デルフォニックス渋谷ギャラリー       ※入場無料
     東京都渋谷区宇田川町15-1渋谷PARCO PART B1F
     Tel 03-3477-5949 / Open 10:00-21:00

★ピーナ・バウシュ(Pina Bausch 本名Philippine Bausch,1940年7月27日 - 2009年6月30日)はドイツのバレエダンサー、バレエとコンテンポラリー・ダンスの振付家。


来歴

1940年ドイツのゾーリンゲン生まれ。実家はカフェレストラン。

14歳からエッセンのフォルクヴァンク芸術大学(ドイツ語版)でクルト・ヨース(ドイツ語版)に師事。18歳で首席卒業後、国費交換留学生としてニューヨーク、ジュリアード音楽院舞踊科に入学。アントニー・チューダー(英語版)の勧めによりメトロポリタン・オペラ・バレエ団やニュー・アメリカン・バレエ団などで活動。

1962年に帰国し、フォルクヴァンク舞踊団でソリストとして活躍。振付を開始し、1969年には芸術監督に就任。この年フォルクヴァンク芸術大学(ドイツ語版)の教授にもなっている。同年の作品 『時の風の中で』 がケルンの国際振付家コンクールで1位を獲得した。

1973年、ヴッパタール舞踊団(ドイツ語版)の芸術監督に就任する。

ドイツ表現主義舞踊の権威であるヨースの影響を色濃く受け継ぎながら、演劇的手法を取り入れたピナ独自の舞踊芸術は演劇とダンスの融合とも言われ、彼女自身は「タンツ・シアター(ドイツ語版)」と呼ぶ。

1983年フェデリコ・フェリーニ監督の映画 『そして船は行く』 に出演。 1999年坂本龍一オペラ 『LIFE』 に出演。 2002年にはペドロ・アルモドバル監督作品 『トーク・トゥ・ハー』 の冒頭で代表作である「カフェ・ミュラー」を彼女自身が踊っている。

2009年6月30日、ガンの告知を受けた5日後に68歳で死去した[1]。日本では前年(2008年)4月2日の滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホールで、『フルムーン』を踊ったのが最後の公演であった。

2011年に彼女の死により制作が中断されていたドキュメンタリー映画『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』が公開された。

◆1940年ドイツ・ゾーリンゲン生まれ。14歳からエッセンのフォルクヴァンク芸術大学でクルト・ヨースに師事。18歳で首席卒業後、国費交換留学生としてニューヨーク、ジュリアード音楽院舞踊科に入学。アントニー・チューダーの勧めによりメトロポリタン・オペラ・パレエ団やニュー・アメリカン・バレエ団などで活動。

1962年に帰国し、フォルクヴァンク舞踊団でソリストとして活躍。振付を開始し、1969年には芸術監督に就任。この年フォルクヴァンク芸術大学の教授にもなっている。同年の作品 「時の風の中で」 がケルンの国際振付家コンクールで1位を獲得した。1973年、ヴッパタール舞踊団の芸術監督に就任する。ドイツ表現主義舞踊の権威であるヨースの影響を色濃く受け継ぎながら、演劇的手法を取り入れたピナ独自の舞踊芸術は演劇とダンスの融合とも言われ、彼女自身は「タンツ・テアター」と呼ぶ。

その独創的で高水準な舞台は、数年にして欧米で、やがて世界中で高い名声を獲得。ダンスの相貌と歴史を一挙に塗り変え、80年代にはブームというべき舞踊の時代を招来、カンパニー創立39年を迎えてなおその人気と評価は揺るがない。日本では彼女の初来日公演が「日本におけるモダンダンスの歴史の始まり」とされ、その後20年以上も来日公演を繰り返し、ほぼ毎回1万人以上の動員を記録した。

1983年フェデリコ・フェリーニ監督の映画 「そして船は行く」 に出演。 1999年坂本龍一オペラ 「LIFE」 に出演。 2002年にはペドロ・アルモドバル監督作品 「トーク・トゥ・ハー」 の冒頭で代表作である「カフェ・ミュラー」を彼女自身が踊っている。
2009年6月30日、ガンの告知を受けた5日後に68歳で死去した。日本では前年(2008年)4月2日の滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホールで、「フルムーン」を踊ったのが最後の公演であった。

ピナ・バウシュ ブッパタール舞踊団 公式サイト http://www.pina-bausch.de/


作品
2009年「春の祭典」のカーテンコール 『春の祭典』(1975年)
『七つの大罪』(1976年)
『カフェ・ミュラー(フランス語版)』(1978年)
『カーネーション(フランス語版)』(1982年)
『ヴィクトール』(1986年)
『パレルモ、パレルモ(フランス語版)』(1989年)

受賞歴
1999年高松宮殿下記念世界文化賞
2006年ローレンス・オリヴィエ賞
2007年京都賞
2008年ゲーテ賞(独)

文献
Finkel, Anita, "Pina Bausch", International Encyclopedia of Dance, vol.1, p.391, ISBN 0-19-517585-9
ピナ・バウシュ 過去の歴史 乗越たかお
posted by kisebeauty50 at 22:14| Comment(0) | バレリーナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月06日

モデル知花くらら銀座のジュエリー店「ヴァンクリーフ&アーペル」で行われた「Lucky Day記念イベント」に全身に13個、総額1512万7350円のジュエリーを身に着けて登場

モデルの知花くらら(30)が6日、東京・中央区銀座のジュエリー店「ヴァンクリーフ&アーペル」で行われた「Lucky Day記念イベント」で、トークショーを行った。

あす7日が同社の「ラッキーデイ」で、31日まで記念商品の販売などを行う。知花は指輪や腕時計など総額1500万円以上のジュエリーを身につけて登場。

普段から同社のジュエリーが好きだと言い、「デザインはシンプルなのに、華やかさや女性らしさ、ゴージャスさがあって素敵」と称賛した。

七夕の願い事を聞かれると、「全く考えていませんでした!」とすっかり忘れていた様子。「3月で30歳になったので、もっと充実すればいいな」と願った。

09年に歌舞伎俳優の尾上菊之助(34)との交際報道があったが、「30歳で結婚は?」と声かけされると、表情をこわばらせ「頑張ります」と一言。「あの方とはどうなりました?」の質問には、不愉快そうな表情で「どなたでしたっけ?」とあしらった。

◆知花くららジュエリー13個1512万7350円
ヴァン クーリフ&アーペル銀座本店でトークショーを開いた知花くらら

 モデル知花くらら(30)が6日、都内で行われたジュエリーブランド「ヴァン クーリフ&アーペル」のイベントでトークショーを開いた。知花は全身に13個、総額1512万7350円のジュエリーを身に着けて登場。「海外のお友だちから、幸運は指から舞い込んでくると教えてもらい、お気に入りのジュエリーを毎日着けたり、意識しています」と開運の秘訣(ひけつ)を明かした。

★ちばな くらら 知花 くらら
プロフィール
生年月日1982年3月27日
現年齢 30歳
出身地 日本・沖縄県
血液型A型
公称サイズ(2006年時点)
身長 / 体重 173 cm / ― kg
スリーサイズ
バスト90cm - ウエスト60cm - ヒップ90 cm


デビュー

2006年
他の活動

2006年ミス・ユニバース・ジャパン。

ミス・ユニバース2006 世界大会第2位。

WFPオフィシャルサポーター。

テレビ番組のリポーター。

映画主演。
略歴
2000年3月 - 沖縄県立開邦高等学校卒業。

2001年4月 - 上智大学文学部教育学科入学。

2006年3月 - 同大学を卒業。

2006年4月25日 - 「ミス・ユニバース・ジャパンレジスタードマーク」に選出される。

2006年7月 - 「ミス・ユニバース2006世界大会(第55回大会)」総合第2位。

2007年 - WFP(国際連合世界食糧計画)オフィシャルサポーターに就任。

2008年1月 - 小学館ファッション雑誌『Domani』表紙専属モデルに就任。

2009年4月 - 栄養学を学ぶため都内の女子短期大学に入学。

2010年1月 - 所属事務所をIBG Japanからテンカラットへ移籍。

親善大使、サポーター、イメージキャラクターなど
2007年1月 - WFP(国際世界食糧計画): WFPオフィシャルサポーター
2007年4月 - トランスコスモス: 契約社員&派遣社員向けの仕事情報サイト「Work it!」イメージキャラクター
2008年3月 - 成田空港: 30周年記念イメージキャラクター
2008年4月 - 地球サポーター: イメージキャラクター
2009年1月 - レクサス: レクサス大使
2010年4月 - フランス観光開発機構: 2010年度フランス広報大使
2010年6月 - 免税店チェーンDFS: 特別大使

出演
CM
TBCグループ(2006年)
花王「アジエンス」(2007年)、「ロリエ エフ」 (2008年 - 2011年)
メイベリン ニューヨーク「エンジェルフィット」(2007年2月 - )
コナミスポーツクラブ「コラーゲン クリスタルオッティモ」(2008年2月 - )
成田国際空港開港30周年記念事業 「テイクオフへのリレー」篇(2008年)
ユニクロ(2008年10月 - )
トヨタ「レクサス」(2008年)
ニベア花王「8×4」(2009年)
ハーゲンダッツ(2009年)
カネカ(2011年 - )
カネボウ「ブランシールスペリア」(2012年 - )

テレビ
現在放送中 日立 世界・ふしぎ発見!(2007年4月14日 -、TBS) - ゲスト・準レギュラー解答者・ミステリーハンター(2009年12月12日放送)
知花くららの地球サポーター(2008年4月4日 -、テレビ東京)
グローバル・ビジョン(2008年10月12日 - TwellV) - 番組ナビゲーター
朝だ!生です旅サラダ「ドイツ旅編」(2010年10月9日 - 、朝日放送)- マンスリーゲスト(リポーター)

過去の出演番組 NEWS ZERO(2006年10月 - 2007年9月、日本テレビ系)
ネプリーグ(2006年9月4日、フジテレビ) - ゲスト
地球!ジオグラTV(2007年10月 - 2008年2月、TBS系)
グータンヌーボ(2006年11月29日、フジテレビ) - ゲスト
徹子の部屋(2007年2月9日、テレビ朝日) - ゲスト
メレンゲの気持ち(2007年3月10日、日本テレビ系) - ゲスト
美味いは京都?料理人たちの挑戦?(2008年10月5日、よみうりテレビ) - 番組ナビゲーター
easy sports(2008年11月3日、11月5日、11月7日、12月22日-12月24日、テレビ朝日)
課外授業 ようこそ先輩(「沖縄はおいしい?」2009年7月26日、NHK)
生活ほっとモーニング「クイズdeなっとく! 夏だ!北海道まるかじり」(2009年7月27日、NHK) - ゲスト
music trip 〜音楽と楽しむひとり旅〜「沖縄・慶留間島」(2009年8月17日、NHK)
わたし & 紅白歌合戦「知花くらら」(2009年12月28日、NHK)
「2012年12月21日 マヤ暦の真実(前編)マヤ暦とは」(2010年3月23日、BS-TBS)
「2012年12月21日 マヤ暦の真実(後編)マヤ長老のトップ ドン・アレハンドロが語るマヤ暦の真実と祈り」(2010年3月24日、BS-TBS)
テレビでフランス語(2010年3月31日 - 9月23日、2011年9月28日 - 2012年3月28日、NHK教育) - ナビゲーター。生徒役としては珍しく文法解説までしていた。
後者は前期シーズンのリピート放送。 NHK海外ネットワーク(2010年4月3日ほか、NHK)
スタジオパークからこんにちは(2010年4月6日、NHK) - ゲスト
ワンダー×ワンダー(2010年6月26日、NHK) - ゲスト
イキだね!わたしの東京時間(2010年7月9日、NHK *関東地方のみ) - 萬田久子と共にゲスト
特別番組「炎の天才画家ゴッホ〜120年目の真実」(2010年10月17日、TBS)
ジブリの風景〜高畑勲・宮崎駿監督の出発点に出会う旅〜(2011年8月6日、BS日テレ)

映画
白昼夢 - 主役の「凛」役で出演(ショートフィルム)。

イベント
ニコン D3 & D300 発表会(2007年8月23日)
コナミスポーツクラブ「コラーゲン クリスタルオッティモ」発表会(2008年1月31日)
ノキア FOMA NM705i 発表会(2008年2月6日)
ユニクロ ヒートテック発表会(2008年11月7日)
メイベリン ニューヨーク ピュアミネラル リキッド 8週間ミネラルマラソンキャンペーン発足記念発表会 (2009年1月23日,27日)
トヨタ レクサスHS,RX 報道発表会(2008年12月 - )

ウェブサイト
トヨタ・クラウン - スペシャルナビゲーター
大人の女性のためのトラベル・ウェブ・マガジン『旅色Luxury Stays』(2009年)

エピソード
大学在学中に、フランス映画への興味から9ヶ月間のフランス留学歴あり。また、フランス留学中にフラメンコを学びに3ヶ月間スペインに滞在していた経験がある。

ミス・ユニバース世界大会(第55回大会)は2006年7月に3週間にわたりアメリカ・ロサンゼルスで開催された。7月18日のナショナルコスチューム(民族衣装)審査では、戦国武将の甲冑をアレンジした衣装を披露。
2006年ミス・ユニバース世界大会のトップ5だけが参加できる「クエスチョン&アンサー」の際には、自ら司会者のマイクを受け取り、スペイン語と英語でアピールした。

2007年よりWFP(国際連合世界食糧計画)のオフィシャルサポーターとしてアフリカ、アジア各地への訪問の機会が増えている。

2009年7月26日放映のNHK『課外授業 ようこそ先輩』では、沖縄県那覇市立真嘉比小学校にて知花くららが講師を勤め、「食」をテーマに下記の実習および講義を行った。
【1限目】導入:
教室を舞台(ランウェイ)に見立ててファッションショーを行い、生徒たちに自由に表現する場を与えた。
【2限目】講義「世界の食糧事情」:
WFP(国際連合世界食糧計画)の活動を紹介した。また戦時中の日本の事情についても触れた。
【3限目】実習「フィールドワーク」:
那覇市の街頭で戦争体験者に当時の生活の様子をインタビューした。
【宿題】実習「食糧危機」:
その日の夕食と翌朝の朝食の内容を芋1本のみに限定し、食糧危機状態を擬似体験させた。また当日は知花くらら自身もこの課題を実践した。
【4限目】調理実習:
沖縄料理の「ゴーヤチャンプルー」を作り、食べた。

2009年12月28日放映のNHK『わたし & 紅白歌合戦「知花くらら」』にて、「思い出に残る歌」として以下の2曲を紹介した。 坂本冬美『夜桜お七』(第47回NHK紅白歌合戦、1996年)。
DREAMS COME TRUE『LOVE LOVE LOVE』(第57回NHK紅白歌合戦 、2006年)。

家族構成は両親と弟。ガレッジセールのゴリとははとこ(それぞれの父親がいとこ同士)であり、また、りんけんバンドの照屋林賢は叔従父、照屋林助は大叔父にあたる。しかしゴリは「メレンゲの気持ち」(2007年3月10日放送)で本人に言われるまで全く知らなかったという。

知花くらら公式サイト
テンカラット
今月の知花くらら | 小学館「Web Domani」
ミスユニバース公式サイト
ミスユニバースジャパン公式サイト
知花くらら「沖縄はおいしい!?」| NHK『課外授業 ようこそ先輩』

歴代ミス・ユニバース・ジャパン
小島日女子(1952年)・ 伊東絹子(1953年)・ 近藤美恵子(1954年)・ 高橋敬緯子(1955年)・ 馬場祥江(1956年)・ 大谷享子(1957年)・ 森武知子(1958年)・ 児島明子(1959年)・ 古野弥生(1960年)・ 安藤矩子(1963年)・ 池野温美(1966年)・ 藤川香代子(1967年)・ 飯野矢住代(1968年)・ 大須賀喜久代(1969年)・ 島田純(1970年)・ 前田晴美(1972年)・ 染谷美代子(1973年)・ 岩国美弥子(1976年)・ 萬田久子(1978年)・ 黒田百合香(1979年)・ 檜山久恵(1980年)・ 織作峰子(1981年)・ 奥脇絵里(1982年)・ 山口遊子(1983年)・ 古沢初美(1985年)・ 江崎普子(1986年)・ 難波央江(1987年)・ 坂口美津穂(1988年)・ 田代絵里(1989年)・ 三好浩子(1990年)・ 山本亜津子(1991年)・ 安藤あき子(1992年)・ 志岐幸子(1993年)・ 川人千明(1994年)・ 奥村ナナ(1998年)・ 小川里美(1999年)・ 遠藤真由(2000年)・ 荒内美沙緒(2001年)・ 千葉美苗(2002年)・ 宮崎京(2003年)・ 町本絵里(2004年)・ 葛谷由香里(2005年)・ 知花くらら(2006年)・ 森理世(2007年)・ 美馬寛子(2008年)・ 宮坂絵美里(2009年)・ 板井麻衣子(2010年)・ 神山まりあ(2011年)・ 原綾子(2012年)
posted by kisebeauty50 at 22:37| Comment(0) | モデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。