2013年11月29日

ダリア・ウェーボウィ(Daria Werbowy)がミランダ・カーに代わり、「マンゴ(Mango)」のキャンペーンモデルを来年から務める



ダリア・ウェーボウィ(Daria Werbowy)がミランダ・カー(Miranda Kerr)に代わり、「マンゴ(Mango)」のキャンペーンモデルを来年から務めるになった。

「マンゴ」は公式声明で「ファッション界のセレブリティとコラボレーションをするというポリシーのもと、今回私たちは今最も注目を浴びているトップモデルの一人、ダリア・ウェーボウィとタッグを組むことを決定しました。ダリアを抜擢することで、ブランドとしての価値だけでなく、新コレクションのデザインと品質の重要性を強調していきたいと考えています」とコメントした。

ダリアは今回の起用によって、過去に「マンゴ」のキャンペーンモデルを務めたカロリナ・クルコヴァ(Karolina Kurkova)、ナオミ・キャンベル(Naomi Campbell)、エヴァ・ハーツィゴヴァ(Eva Herzigova)、クラウディア・シファー(Claudia Schiffer)、そしてクリスティ・ターリントン(Christy Turlington)などの輝かしいメンバーと並んで名を連ねることになる。

★ダリア・ウェーボウィ

ダリア・ウェーボウィ
Daria Werbowy
プロフィール

生年月日
1983年11月19日

現年齢
30歳

出身地
ポーランド・クラクフ

公称サイズ
身長 / 体重
180 cm / ― kg

スリーサイズ
86 - 61 - 86 cm
活動
ジャンル
ファッション

モデル内容
一般
モデル: テンプレート - カテゴリ

ダリア・ウェーボウィ(Daria Werbowy、1983年11月19日 - )は、ポーランド生まれのファッションモデル。所属事務所はIMG(ニューヨーク)、Whynot(ミラノ)。

ウクライナ生まれと書かれていることがある。両親はウクライナ出身。3歳の時に両親、兄と供にカナダのミシサガ に移住。現在もカナダ在住。

芸術を愛し、多忙を極めるなか美術学校で油絵を学んでいる。
概要

類まれなスタイルと知的でミステリアスな容貌とは裏腹に、親しみやすいソフトな性格で多くのクリエイター、写真家に愛される。ファッションショーの他、ヴォーグやWなどの有名雑誌に登場。スティーヴン・マイゼルやマリオ・テスティーノといった写真家とよく仕事をしている。

アジア映画が好きで、ウォン・カーウァイ監督作品のファン。

身長は180 cm。
スリーサイズB86・W61・H86。

経歴

中学生の頃より友人の母親が経営するカナダのモデル代理店に所属し、仕事を始める。デビューコレクションは2003年秋冬、その時から人気を集める。続いて2004年の春夏コレクションでは50を超えるショーに出演。そのうちのアレッサンドロ・デラクア、BCBG Max Azria、セリーヌ、クロエ、エミリオ・プッチ、ジル・サンダー、ルエラ、マックスマーラ、マルティーヌ・シットボン、ニナ・リッチ、プラダ、Zeroの12のショーでトップランを務め、登場回数ナンバー1に輝く。

その後も人気は高まり、2004-2005秋冬コレクションでは30のショーに出演。そのうちトップランはBCBG Max Azria、ジル・スチュアート、ケネス・コール、バーバリー・プローサム、マルニ、ヴェルサーチの6回。

2005春夏では33のショーに出演。そのうちトップランはビル・ブラス、マシュー・ウィリアムソン、マイケル・コース、グッチ、キャロライナ・ヘレナ、エミリオ・プッチ、オスカー・デ・ラ・レンタ、Wunder Kindの8回。

2005-2006秋冬コレクションでは19のショーに出演。インフルエンザでパリコレを欠席したため、登場回数は20を下回ったが、トップラン率は非常に高く、19の出演ショーのうちキャロライナ・ヘレナ、マルニ、ビル・ブラス、ヴェルサーチ、オスカー・デ・ラ・レンタ、マシュー・ウィリアムソンの5回でトップランを務めた。2006年春夏コレクションには不参加。

2005年秋冬キャンペーン:イヴ・サンローラン・リヴゴーシュ、シャネル。

2004年春、プラダ初のフレグランスのミューズとなる。

2005年春、ランコムとの契約を発表。2005年末に発売される香水「イプノーズ」のミューズとしての登場を皮切りにランコムの顔となる。

2006年2月現在 MODELS.COMモデルランキング第1位。2006年2月開催の2006−2007A/Wニューヨーク・コレクションには参加。また2006年S/Sのシャネルのキャンーペンモデルには3シーズン連続での起用となった。
posted by kisebeauty50 at 18:41| Comment(0) | モデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月20日

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)のクリスマスツリー「世界一の光のツリー」が「一生に一度、必ず見ておきたい」と思うツリーランキング第1位に輝く ギネス世界記録に認定

webポータル「goo ランキング」が実施した『「一生に一度、必ず見ておきたい」と思うツリーランキング』第1位に、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)のクリスマスツリー「世界一の光のツリー」が選ばれた。

世界一ツリー.png

 「世界一の光のツリー」はUSJの冬のイベント「ユニバーサル・ワンダー・クリスマス」(11月15日〜2014年1月6日)開催期間中に登場するツリーで、「人工クリスマスツリーに飾られた電飾の最多数」(32万8049球、2012年10月29日現在)でギネス世界記録に認定された文字通り“世界一”のクリスマスツリー。ニューヨークエリアのグラマシーパークに飾られる約36メートルの巨大ツリーは、ナイトショー『天使のくれた奇跡II〜The Song of an Angel〜』のクライマックスに点灯し、鮮やかなプロジェクション・マッピング、パイロ(演出用花火)や紙吹雪とともにショーを盛り上げる。

 同アンケート調査では、「世界一なら一度は見ておきたい」「一生の思い出に残りそうだから」「目の前で見たら涙するかも」といった回答が寄せられ、見事ランキング1位を獲得した。

 今年は新たなクリスマスショー「Joy of Lights(ジョイ・オブ・ライツ)」もスタート。USJでは今年に入り「NEW アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド 4K3D」「ハロウィーン・ホラー・ナイト」など、新規や規模を拡大したアトラクション・イベントが複数登場しており、来場者の期待も高まっていることが予想される。

 2位は、箱根ガラスの森の約7万5千個のクリスタル・ガラスでつくられた「ガラスのツリー」、3位には、長崎・ハウステンボスの「光の王国にたたずむツリー」がランクインしている。

 ランキングは「goo リサーチ」モニターに対して行われたアンケート調査を集計したもので、調査期間は10月2日から10月3日、有効回答者数は1,084名。

◆USJ、世界一のクリスマスツリー点灯
 14日、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)で明日15日から開催される冬イベント「ユニバーサル・ワンダー・クリスマス」のプレスプレビューが行われ、イベントの中心となる「世界一の光のツリー」が夕方5時50分に点灯された。

世界一ツリー1.jpg

 高さ36メートルの巨大ツリーは、電飾数35万6097球と昨年よりもさらに輝きを増し、今年も「モミの木または松を再現した人工式ツリーにおけるクリスマスライトの電飾数」でギネス世界記録に認定。6色のLEDを駆使した100パターンのライティングがゲストを魅了した。

 プロジェクション・マッピングを用いたナイトショー「天使のくれた奇跡II〜The Song of an Angel〜」も本日スタートし、そのクライマックスで花火とともにツリーが点灯。続いて、今年初登場のショー「Joy of Lights〜世界一のツリーの調べ〜」が上演され、ゲストから事前に募集されたメッセージがプロジェクション・マッピングでステージに映し出された。

 「ユニバーサル・ワンダー・クリスマス」は11月15日から2014年1月6日まで開催。

◆  ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市此花区)で15日から、クリスマスイベントが始まる。14日は報道陣向けに日が暮れた後、高さ36メートルのツリーに点灯。1カ月以上早くクリスマスムードに包まれた。

 ツリーに飾られたLED電球の数は約36万個。昨年より約3万個多く、ギネス世界記録を更新した。

 クリスマスイベントは来年1月6日まで。日中には、サンタクロースに扮した子どもたちや人気キャラクターが参加するパレード「サンタのトイ・マーチ」も催される。

●ユニバーサル・スタジオ・ジャパンHP
http://www.usj.co.jp/UWL/
posted by kisebeauty50 at 08:46| Comment(0) | 建物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月17日

ミランダ・カー(30)の画像がウエストが細すぎとの指摘あり、ミランダ・カーお詫びする

ミランダ・カ−、ウエスト修正画像騒動が勃発

来日していたミランダ・カー(30)が、来日中にインスタグラムにアップした画像が波紋を呼んでいます。

『E! Online』によると、ミランダは12日に2012年のヴィクトリアズ・シークレット・ファッションショーのバックステージでの写真をインスタグラムにアップ。

miranda-kerr-victorias-secret修正後.jpgmiranda-kerr-victorias-secret修正前.jpg
上段は修正後(ウエストが細め)下段はオリジナル。

この写真には「Sending love and best wishes to the #vsangels from Japan」というテキストが付けられ、13日にファッションショーに出演するエンジェルたちへ日本からエールを送ったものでしたが、その写真を見たフォロワーたちは、すぐにウエストが細く修正されていることに気づき、それを指摘するコメントがあふれたのだとか。

その後、日本からニューヨークへ戻ったミランダは、16日に改めてオリジナルバーションをアップ!

画像につけたキャンプションでミランダは、日本でインターネットにつながっていないところで写真をつかんでしまったため、修正されているとは知らなかったと説明。混乱させてごめんね、と謝罪しています。

◆ミランダ・カ−の謝罪
「ハイ、みんな、これがオリジナルのVS画像よ。ガールズたちをサポートするため今週再投稿した写真は、日本で働いている間、インターネットからスクリーンショットで拾ってきたものなの」

「フォトショップされていたなんて全然知らなかったのよ。すべて好意からでした、、、混乱させてすみません。そしてあのような素晴らしいショーをしたガールズたち、おめでとう」

とインスタフォロワーに説明。
これにて一件落着、めでたしめでたし〜
☆雑感・一言
写真は本来真実をそのまま映し出すというのが目的でした。
画像修正が最近、話題に上がっていますが何も今日に限ったことではありません。
良し悪しは別として以前からあったことですが修正の度合いが極端になってきたようです。
写真によっては全く別人のようになることもしばしばです。
写真もデフォルメ(仏: déformer)されると思いましょう

思い起こせば日本でもお見合い写真や履歴書の写真は必ず美しく見せるため写真屋さんに頼むとほとんど修正してくれます。本人にとっては嬉しいことですね。
写真の場合もいつも修正が可能であるということを念頭において眺める必要があると思います。
★ミランダ・カー(Miranda Kerr、1983年4月20日[2] - )は、オーストラリア出身のファッションモデル[3]。下着ブランド『ビクトリアズ・シークレット』の特別広告塔にあたる“エンジェル”の一員としての活動が最も著名。オーストラリア人初の“エンジェル”となった2008年からというもの同ブランドのショーの仕事を継続的にこなしてきたほか、テレビや雑誌などの媒体を舞台としての幅広い活動も見せてきた。シャネル・イマン、ドウツェン・クロース、そしてアドリアナ・リマなどと並び立つ著名な“ビクトリアズシークレットモデル”となっている。
ミランダ・カー
Miranda Kerr
プロフィール


生年月日
1983年4月20日

現年齢
30歳

出身地
オーストラリアの旗 オーストラリア

瞳の色


毛髪の色


公称サイズ


身長 / 体重
5′ 10″ / ― lb

スリーサイズ
32 - 24 - 34 in

身長 / 体重
175 cm / ― kg

スリーサイズ
バスト81 - ウエスト61 - ヒップ86 cm

靴のサイズ
24.5 cm


来歴
イングランド人、フランス人、およびスコットランド人の血を引きオーストラリアのシドニーに生まれ、ガンネダーで成育。

1997年に雑誌『ドーリー』のオーディションで優勝するも、13歳という若さからオーストラリア国内で議論が起こるに至り、学業を優先しながらモデル活動を開始。高校卒業後ニューヨークへ移り、2004年にモデル事務所のネクストと契約。

ミランダの経歴は、2004年にカメラマンのエリック セバン マイヤーと共に手がけたオーバー・ジーンズ・パリのキャンペーン広告から始まった。

2006年におけるメイベリン・ニューヨークからのキャンペーンモデル起用がきっかけとなって人気が急上昇[7]。さらにオーストラリア人モデルとして初めてヴィクトリアズ・シークレットに起用され、ヴィクトリアズ・シークレット・エンジェルとなる。2007年のフォーブス誌による「モデル所得番付」では10位にランクインした。

カニエ・ウェストやファレルのシングル「ナンバー・ワン」のミュージックビデオに出演。また、コメディドラマ『ハウ・アイ・メット・ユア・マザー』に出演。スキンケア・ブランド「KORA Organics」を立ち上げている。
広告塔
2006年から継続してきたビクトリアズ・シークレットの広告塔活動のほかにも、アーデン・ビー(2007年)、クリニーク(香水、同年)、プラダ(2010年)など各種ブランドの広告塔を担ってきた。2012年には地元オーストラリアの航空会社カンタス航空の大使に就任。
さらに日本のファッションブランド『サマンサタバサ』から広告塔モデル起用。松本恵奈のファッションブランド『エモダ(EMODA)』からのイメージモデル起用(2012年秋冬季)もあり、9月よりさっそく同ブランドのカタログに登場。
このカタログ上の自身の写真は全てが撮りおろしによるもので、日本のブランドとしては初の試みであった。この年にはさらに、ミラ・ジョボビッチ、ナオミ・キャンベル、エヴァ・ハーツィゴヴァ、クラウディア・シファー、クリスティー・ターリントン、ならびにケイト・モスなどが歴代の“顔”を担ってきたスペイン発のファッションブランド『マンゴ』の新たなイメージキャラクターともなっている。ケイト・モスとの入れ替わりによる就任であった。

私生活
ニューヨーク在住。2010年7月に俳優のオーランド・ブルームと結婚。翌2011年の1月に第一子を出産した。宗教面では日蓮宗への帰依を行い、夫のオーランド・ブルームとともに創価学会インターナショナルに所属している。2013年10月25日離婚。

主な出演
CM
『リプトン リモーネ』(“ミランダ・カー キラキラサンタ篇”、2012年)[25]
『サマンサタバサ』(2012年)
『P&G ボールド』(2013年)

書籍
『トレジャー ユアセルフ』(2011年、トランスメディア)
『まるごと1冊ミランダ・カ― ファッション&ビューティBOOK!』(2012年、トランスメディア、編集:GOSSIPS特別編集)
『MIRANDA KERR Fashion complete book』(2012年、マイナビ)

posted by kisebeauty50 at 12:56| Comment(0) | モデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月15日

京都市東山区の清水寺で14日、夜の特別拝観を前にライトアップの試験点灯があり、「清水の舞台」が赤や黄色の紅葉の中に浮かび上がる。紅葉とともに古都の幻想的な夜

清水寺ライトアップ 紅葉見ごろは今月末
 京都市東山区の清水寺で14日、夜の特別拝観を前にライトアップの試験点灯があり、「清水の舞台」が赤や黄色の紅葉の中に浮かび上がった。
清水寺ライトアップ紅葉.jpg
 約500基のライトに明かりがともったのは午後6時半すぎ。上空には本尊である観音菩薩(ぼさつ)の慈悲を表すという青いサーチライトが横切り、紅葉とともに古都の幻想的な夜を演出した。

 清水寺によると、境内には約1000本のモミジがあり、見ごろは例年通りで今月下旬ごろ。

 夜の特別拝観は15日〜12月8日の午後6時半〜9時半。拝観料は大人400円、小中学生200円。
★清水寺
清水寺(きよみずでら)は、京都府京都市東山区清水にある寺院。山号を音羽山。本尊は千手観音、開基(創立者)は延鎮である。もとは法相宗に属したが、現在は独立して北法相宗大本山を名乗る。西国三十三所観音霊場の第16番札所である。

概要
清水寺は法相宗(南都六宗の一)系の寺院で、広隆寺、鞍馬寺とともに、平安京遷都以前からの歴史をもつ、京都では数少ない寺院の1つである。また、石山寺(滋賀県大津市)、長谷寺(奈良県桜井市)などと並び、日本でも有数の観音霊場であり、鹿苑寺(金閣寺)、嵐山などと並ぶ京都市内でも有数の観光地で、季節を問わず多くの参詣者が訪れる。また、修学旅行で多くの学生が訪れる。古都京都の文化財としてユネスコ世界遺産に登録されている。

歴史
創建伝承
清水寺の創建については、『群書類従』所収の藤原明衡撰の『清水寺縁起』、永正17年(1520年)制作の『清水寺縁起絵巻』(東京国立博物館蔵)に見えるほか、『今昔物語集』、『扶桑略記』の延暦17年(798年)記などにも清水寺草創伝承が載せられている。これらによれば、草創縁起は大略次の通りである。

宝亀9年(778年)、大和国興福寺の僧で子島寺[1] で修行していた賢心(後に延鎮と改名)は、夢のお告げで北へ向かい、山城国愛宕郡八坂郷の東山、今の清水寺の地である音羽山に至った。金色の水流を見出した賢心がその源をたどっていくと、そこにはこの山に篭って滝行を行い、千手観音を念じ続けている行叡居士(ぎょうえいこじ)という白衣の修行者がいた。年齢200歳になるという行叡居士は賢心に「私はあなたが来るのを長年待っていた。自分はこれから東国へ旅立つので、後を頼む」と言い残し、去っていった。行叡は観音の化身であったと悟った賢心は、行叡が残していった霊木に千手観音像を刻み、行叡の旧庵に安置した。これが清水寺の始まりであるという。

その2年後の宝亀11年(780年)、鹿を捕えようとして音羽山に入り込んだ坂上田村麻呂(758年 - 811年)は、修行中の賢心に出会った。田村麻呂は妻の高子の病気平癒のため、薬になる鹿の生き血を求めてこの山に来たのであるが、延鎮より殺生の罪を説かれ、観音に帰依して観音像を祀るために自邸を本堂として寄進したという。後に征夷大将軍となり、東国の蝦夷平定を命じられた田村麻呂は、若武者と老僧(観音の使者である毘沙門天と地蔵菩薩の化身)の加勢を得て戦いに勝利し、無事に都に帰ることができた。延暦17年(798年)、田村麻呂は延鎮(もとの賢心)と協力して本堂を大規模に改築し、観音像の脇侍として地蔵菩薩と毘沙門天の像を造り、ともに祀った、という。以上の縁起により、清水寺では行叡を元祖、延鎮を開山、田村麻呂を本願と位置づけている。

平安時代以降
延暦24年(805年)には太政官符により坂上田村麻呂が寺地を賜り、弘仁元年(810年)には嵯峨天皇の勅許を得て公認の寺院となり、「北観音寺」の寺号を賜ったとされる。『枕草子』は「さわがしきもの」の例として清水観音の縁日を挙げ、『源氏物語』「夕顔」の巻や『今昔物語集』にも清水観音への言及があるなど、平安時代中期には観音霊場として著名であったことがわかる。

清水寺の伽藍は康平6年(1063年)の火災(扶桑略記に言及)以来、近世の寛永6年(1629年)の焼失まで、記録に残るだけで9回の焼失を繰り返している。平安時代以来長らく興福寺の支配下にあったことから、興福寺と延暦寺のいわゆる「南都北嶺」の争いにもたびたび巻き込まれ、永万元年(1165年)には延暦寺の僧兵の乱入によって焼亡している。現在の本堂は上記寛永6年の火災の後、寛永10年(1633年)、徳川家光の寄進により再建されたものである。他の諸堂も多くはこの前後に再建されている。

三職六坊
豊臣秀吉は清水寺に130石の寺領を安堵し、徳川幕府になってもこの寺領が継承された。近世の清水寺は「三職六坊」と呼ばれる組織によって維持運営されていた。「三職」とは寺主に当たる「執行」、副寺主に当たる「目代」、寺の維持管理や門前町の支配などを担当する「本願」を指し、執行職は宝性院、目代職は慈心院、本願職は成就院がそれぞれ務めた。「六坊」はこれに次ぐ寺格を有するもので、義乗院、延命院、真乗院、智文院、光乗院、円養院の6か院である。

このうち、宝性院は仁王門北方に現存する。慈心院は本堂のみが随求堂(ずいぐどう)として残っている。成就院は近代の中興の祖である大西良慶(後述)が住坊とした所で、境内北側に位置し、現在は清水寺本坊となっている。「六坊」の6か院はいずれも境内南方にまとまって所在したが、このうち真乗院は織田信長によって廃絶され、以後は成就院によって寺籍のみが継がれていた。義乗院、智文院、光乗院、円養院も廃仏毀釈の時期に廃絶し、現在は延命院が残るのみである。

明治維新までは、清水寺は法相宗に真言宗を兼ねていた。その名残が大日堂や三重塔に残されている。

近代
近代に入り、大正3年(1914年)には興福寺住職・法相宗管長であった大西良慶(1875年 - 1983年)が清水寺の貫主(住職)に就任する。大西は昭和40年(1965年)に法相宗から独立して北法相宗を開宗、初代管長となった。大西は昭和58年(1983年)、満107歳で没するまで70年近く清水寺貫主を務め、「中興の祖」と位置づけられている。大西は昭和41年(1966年)に月2回の北法相宗仏教文化講座を開始、昭和49年(1974年)には日中友好仏教協会を設立するなど、仏教を通じた国際交流、平和運動、文化活動などに尽力した。 現貫主は、森清範が務めている。

各地の同名寺院
日本各地に「清水寺」(きよみずでら、せいすいじ)を名乗る寺院が多数あり、中には坂上田村麻呂の開創ないし中興の伝説を有するものもある。岩手県花巻市の音羽山清水寺は田村麻呂の開創を伝える。長野県山形村の慈眼山清水寺は田村麻呂の中興を伝え、この寺の千手観音像が京都にもたらされて東山の清水寺になったという。岐阜県加茂郡富加町の「白華山清水寺」は田村麻呂と延鎮による草創を伝える。

境内
参道
東大路通の清水道交差点から清水寺までの約1.2キロの坂道は清水道と称され、道の両側には観光客向けのみやげ物店などが軒を連ねている。この道は松原通(かつての五条通)の延長である。その南、東山五条の交差点から北東に上り、清水道に合流する五条坂も参詣道となっている。さらに、五条坂の途中から分岐して清水寺仁王門付近に達する清水新道(茶わん坂)もある。これらの参道が開けたのは近世以降のことであり、中世までは八坂の塔(法観寺)を経て産寧坂(三年坂)を南方向へ上り、経書堂(きょうかくどう)のところで左(東)へ折れるルートが参道であった。

境内の概要
境内は標高242メートルの清水山(音羽山)中腹に石垣を築いて整地され、多くの建物が軒を接するように建ち並んでいる。入口の仁王門を過ぎ、西門、三重塔、鐘楼、経堂、田村堂(開山堂)、朝倉堂などを経て本堂に至る。本堂の先、境内の東側には北から釈迦堂、阿弥陀堂、奥の院が崖に面して建つ。本堂東側の石段を下りた先には寺名の由来でもある名水が3本の筧(かけい)から流れ落ちており、「音羽の滝」と呼ばれている。音羽の滝からさらに南へ進むと、「錦雲渓」と呼ばれる谷を越えた先に塔頭寺院の泰産寺があり、「子安塔」と呼ばれる小さな三重塔がある。北には清水寺本坊の成就院がある。

このほか、本堂のすぐ北隣に地主神社(じしゅじんじゃ)があり、明治以降は神仏分離により独立したが、もともとは鎮守社として清水寺の一部であった。

本堂
国宝。徳川家光の寄進により寛永10年(1633年)に再建されたもの。「清水の舞台」とも呼ばれる。屋根は寄棟造、檜皮葺きで、正面(南面)左右に入母屋造の翼廊が突き出し、外観に変化を与えている。建物の前半部分は山の斜面にせり出すようにして建てられ、多くの長大なケヤキの柱(139本という)が「舞台」と呼ばれるせり出し部分を支えている(釘は使われていない)。このような構造を「懸造(かけづくり)」、あるいは「舞台造」と言い、観音菩薩は補陀洛山(ふだらくさん)に現われるという『法華経』「観世音菩薩普門品」(観音経)の所説に基づくものである。なお、同じく観音霊場である長谷寺や石山寺の本堂も同様の「懸造」である。

内々陣には、3基の厨子が置かれ、中央の厨子には本尊の千手観音立像、向かって右の厨子には毘沙門天立像、左の厨子には地蔵菩薩立像をそれぞれ安置する。三尊とも秘仏である。本尊厨子の左右には千手観音の眷属である二十八部衆像を安置し、内々陣左右端には風神・雷神像が安置される。

思い切って物事を決断することを「清水の舞台から飛び降りるつもりで」と言うが、清水寺の古文書調査によれば、実際に飛び降りた人が1694年から1864年の間に234件[2] に上り、生存率は85.4パーセントであった。明治5年(1872年)に政府が飛び降り禁止令を出し、柵を張るなど対策を施したことで(これは写真に残っている)、下火になったという。

その他の建造物等
経書堂(きょうかくどう) - 清水道の途中、清水道、五条坂、三年坂(産寧坂)の合流点の北側にある。清水寺塔頭の来迎院の仏堂である。能の「熊野」(ゆや)に「経書堂はこれかとよ」という台詞で登場する。
大日堂 - 経書堂の東方、清水道の途中の北側にある。清水寺塔頭の真福寺の仏堂である。ここに安置されていた大日如来像(重要文化財)は宝蔵殿に移されている。
仁王門(重要文化財) - 境内入口に建つ朱塗りの門。三間一戸楼門、入母屋造、檜皮葺きで、正面左右に鎌倉時代末期の金剛力士(仁王)像を安置する。室町時代の建立で、馬駐(うまとどめ)、鐘楼とともに寛永6年(1629年)の大火をまぬがれた。
馬駐(重要文化財) - 仁王門前の右(北)に建つ、切妻造、瓦葺きの簡素な建物。その名の通り、参詣者が馬を繋いだところで、室町時代の建立である。
西門(重要文化財) - 仁王門をくぐって右方の小高い位置に建つ。寛永8年(1631年)の建立。切妻造、檜皮葺きで、形式的には八脚門だが、正面に向拝、背面には軒唐破風(のきからはふ)を付し、内部には床板と格天井を張る特殊な形式の門である。全面朱塗り、軒下の組物や蟇股(かえるまた)などは極彩色とするなど、門というよりは神社の拝殿のように見え、特殊な用途をもった建物と推定されている。
三重塔(重要文化財) - 西門の先に建つ和様の塔。寛永再興時の再建。高さ30.1メートル。昭和62年(1987年)に完了した解体修理により、外部の極彩色が復元されている。内部には、曼荼羅の密教世界が造形されて、中央には大日如来が安置されている。
随求堂(ずいぐどう) - 仁王門から参道を進んだ正面に位置する。もとは塔頭慈心院の本堂で、慈心院を中興した僧・盛松により、享保20年(1735年)に建立された。本尊の秘仏・大随求菩薩像は八臂の坐像で、享保18年(1733年)の作である。脇侍として吉祥天立像と毘沙門天立像(重要文化財)を安置していたが、後者は宝蔵殿に移されている。堂の地下の暗闇を歩く「胎内めぐり」が行われている。
経堂(重要文化財) - 三重塔の隣に建つ入母屋造、瓦葺きの五間堂。寛永再興時の再建。内部には釈迦三尊像(脇侍は文殊菩薩と普賢菩薩)を安置する。堂は工芸品などの展示場として使用されることもある。
田村堂(重要文化財) - 経堂の隣に建つ入母屋造、瓦葺きの三間堂。開山堂とも称する。寛永再興時の再建。内部には開放形の厨子内に坂上田村麻呂夫妻像を安置し、その向かって左に行叡と延鎮の像を祀る。いずれも清水寺創建に関わる人物である。堂内は通常は非公開。
朝倉堂(重要文化財) - 拝観受付所と本堂を結ぶ廊下の北側にある。入母屋造、瓦葺きの五間堂。清水観音を篤く信仰した、越前の守護大名朝倉貞景の寄進した建物だったことから朝倉堂と称するが、現在の建物は寛永再興時の再建。内部には秘仏の千手観音、毘沙門天、地蔵菩薩の三尊のほか、西国三十三所の観音像を安置する。堂内は通常は非公開。
釈迦堂(重要文化財) - 本堂の先の山腹に建つ、寄棟造、檜皮葺きの三間堂。寛永再興時の再建。昭和47年(1972年)の集中豪雨による土砂崩れで倒壊し、3年後に旧材をもって復元された。
阿弥陀堂(重要文化財) - 釈迦堂の右(南)に建つ入母屋造、瓦葺きの三間堂。寛永再興時の再建。前面の旧外陣部分を改造して奥の院への通路としている。内陣正面には後柏原天皇筆の「日本最初常行念仏道場」の額が架かる。文治4年(1188年)、法然がこの地で念仏を修したとの故事により、法然上人二十五霊場の十三番とされている。
奥の院(重要文化財) - 阿弥陀堂の先(南)、本堂の全貌を見渡すことができる位置に建つ、寄棟造、檜皮葺きの五間堂。寛永再興時の再建。本堂より小規模ながら、崖にせり出した懸造の建物である。本堂と同様に千手観音、毘沙門天、地蔵菩薩、二十八部衆、風神・雷神の諸仏を安置する。ただし中尊は本堂本尊と異なり坐像である。
音羽の滝 - 奥の院の建つ崖の下にある、清水寺の寺号の由来である霊水で、3本の筧(かけい)から水が流れ落ちている。
アテルイとモレの慰霊碑 - 坂上田村麻呂のゆかりから、平安建都1200年を期して1994年に建立されたもので、音羽の滝から仁王門方面へ戻る道の左手に立つ。碑面には「北天の雄 阿弖流爲 母禮之碑」とある。
子安塔(重要文化財) - 奥の院前の道を南の清閑寺方面へ歩いた先にある、塔頭・泰産寺の三重塔。寛永再興時の再建。高さは15メートルで、仁王門近くにある三重塔の約半分である。元は仁王門下の南側、警備詰所のあたりにあったが、明治44年(1911年)現在地に移築された。名前のとおり、安産に大きな信仰を集めてきた。
成就院 - 境内北方にある、清水寺の本坊。池泉回遊式庭園は国の名勝に指定されている。秋季などに行われる特別公開の時期を除き、通常は非公開である。なお、内部での撮影は原則として禁止となっている。2010年に中島潔が46枚の襖絵「かぐや姫・風の故郷(春夏)・風の故郷(秋冬)・大漁」を奉納した。
大講堂 - 仁王門の北方に建つ。創建1,200年を期に昭和59年(1984年)完成したもので、中央の多宝閣と東西棟からなる。多宝閣は4階吹き抜けで、1階には大仏足石がある。東棟は1階が寺務所・宗務所、2階が文化財を収蔵する宝蔵殿(非公開)、西棟は1階が各種法要、行事などの会場となる円通殿、2階が迎賓殿である。
地主神社 - 本堂の北にある、元は清水寺の鎮守社で、現在では縁結びの神として信仰を集めている。本殿、拝殿、総門は清水寺本堂と同じく寛永10年(1633年)の再建である。ちなみに清水寺・仁王門前にある狛犬は地主神社のものである。明治の神仏分離により清水寺から独立しているが、歴史的経緯から世界遺産「古都京都の文化財」の清水寺の一部として登録されている。

本尊
本堂本尊

清水寺本堂本尊の千手観音立像は33年に1度開扉の秘仏であり、写真も公表されていない[3]。ただし、秘仏本尊を模して造られた「お前立ち像」の写真は公表されている。本像は、42本の手のうち、左右各1本を頭上に伸ばして組み合わせ、化仏(けぶつ)を捧げ持つ特殊な形式の像である。このような形式の像を「清水寺形千手観音」と称し、これを模した彫像、画像が日本各地に存在する[4]。このような、脇手のうちの2本を頭上に掲げる形の千手観音については経典に典拠がなく、その由来は未詳である。脇侍として毘沙門天像と地蔵菩薩像を安置するが、このうち地蔵菩薩像は、鎧で武装した上に袈裟を着け、兜をかぶり、剣を持つ特殊な形の像である。

本堂本尊は、20世紀末以降では以下の機会に開帳された。
2000年3月3日から同年12月3日まで(33年に一度の開帳)
2008年9月1日から11月30日まで、及び2009年3月1日から5月31日まで(西国三十三所巡礼の中興者とされる花山法皇一千年忌記念の結縁開帳)

奥の院本尊
奥の院本尊の秘仏千手観音坐像(重要文化財)は、鎌倉時代の作で一木割矧造、像高63.9センチメートル。正面・右・左の3つの顔をもち、頭上に24の小面を乗せ、計27面をもつ特異な形の像である。本面と左右脇面は額に縦の眼を有する三眼とすること、膝前で組み合わせる宝鉢手は親指と人差し指で輪をつくる、阿弥陀如来と同様の印相とすること、光背に観音の三十三応現身を表すことなど、図像的に特異な点が多い。作風には快慶風が強いが、作者を快慶と同定するには至っていない。

本像は2002年に重要文化財に指定され、翌2003年3月7日から12月7日まで243年ぶりに開帳された。また、2008年8月から11月にかけて奈良国立博物館及び名古屋市博物館で開催された特別展「西国三十三所」に出陳された。

文化財

国宝
本堂 附:厨子3基
文化財保護法第2条[5] に基づき、建物とともに清水寺境内地も1993年9月1日付けで国宝に追加指定されている。

重要文化財(建造物)
仁王門 - 室町時代
馬駐(うまとどめ) - 室町時代
西門
三重塔
鐘楼 - 慶長12年(1607年)
経堂
田村堂(開山堂)附:厨子1基
朝倉堂 附:厨子1基
鎮守堂(春日社)
本坊北総門
轟門
釈迦堂
阿弥陀堂
奥の院 附:厨子1基
子安塔
地主神社本殿・拝殿・総門 地主神社境内地も社殿と一体をなして価値を形成するものとして重要文化財に指定されている。

以上の建物のうち特記のないものは寛永年間(1630年代)の建立である。


重要文化財(美術工芸品)
木造千手観音坐像(奥の院本尊)
木造十一面観音立像 - 本堂本尊の十一面千手観音立像とは別個の像である。
木造伝・観音菩薩・勢至菩薩立像(もと阿弥陀堂安置)
木造大日如来坐像(もと真福寺大日堂安置)
木造毘沙門天立像(塔頭慈心院所有)
渡海船額(末吉船図3・角倉船図1)4面
板絵朝比奈草摺曳図(伝・長谷川久蔵筆)
京都市内の社寺に残る大絵馬では最古のもので、寛永6年(1629年)の旧本堂炎上の際、これ1点のみ焼け残ったもの。天正20年(1592年)の奉納銘があり、筆者は長谷川等伯の子・久蔵とされている。鉄鰐口(もと阿弥陀堂所在)
梵鐘 - 文明10年(1478年)銘

重要文化財の仏像のうち、千手観音坐像は秘仏、その他の像は宝蔵殿に収蔵され非公開である。本堂本尊の秘仏千手観音像は指定文化財ではない。

その他
算額 - 明治25年に池内善之助、伊三郎が奉納

御詠歌
松風や 音羽の滝の 清水を むすぶ心は 涼しかるらん
 作者は松尾芭蕉。

札所
西国三十三所観音霊場 第16番
法然上人二十五霊跡 第13番(阿弥陀堂)
洛陽三十三所観音霊場 第10番(善光寺堂)、第11番(奥の院)、第12番(本堂)、第13番(朝倉堂)、第14番(泰産寺)
神仏霊場巡拝の道117番(京都37番)

前後の札所
西国三十三所15 今熊野観音寺 -- 16 清水寺 -- 17 六波羅蜜寺
雑学
今年の漢字毎年漢字の日の12月12日14時頃(ただし事情によりずれる場合もある)に、財団法人日本漢字能力検定協会主催により一般公募で選ばれたその年の世相を、清水寺の貫主である森清範が漢字一字を揮毫する「今年の漢字」が清水寺の舞台で発表される。今年の漢字を書く森清範貫主の書(直筆書)は、「京都八福庵」という公許取扱処により管理されている。新・世界七不思議スイスの財団が実施している「新・世界七不思議」を選ぶ取り組みにおいて、京都市東山区の清水寺が日本で唯一、中国の万里の長城やフランスのエッフェル塔などとともに有識者から選ばれ、それを記念して財団から賞状を受けた。インターネットと電話により一般からの投票が行われていたが、2007年7月7日にリスボンで発表された最終結果では次選となった。清水寺が登場する文学作品平安時代以来、『源氏物語』、『枕草子』、『更級日記』、『梁塵秘抄』などの古典文学に言及され、『枕草子』は、「さはがしきもの」の例として清水寺の縁日の日を挙げており、平安時代、既に多くの参詣者を集めていたことが伺われる。近世には浄瑠璃、歌舞伎などにも清水寺が登場する作品がある。
その他
清水寺貫主の大西良慶が、本寺を法相宗から独立させ北法相宗を設立した。大西は晩年には日本最高齢者となったこともあり、日本初の五つ子の名付け親にもなった。
1985年、京都市が市内の観光寺院へ古都保存協力税の特別徴収義務者を依頼したが清水寺は拒否、他の寺と古都税騒動と呼ばれる政治事件を起こした。
1回100円の綺麗な有料トイレがある。

アクセス
京阪電気鉄道京阪本線「清水五条駅」下車徒歩約22分、または「祇園四条駅」下車徒歩約25分
「清水道」または「五条坂」バス停(京都市営バス80・急行100・202・206・207系統、京阪バス83・83A・84・84C・85・85A・86・86A・86B・87・87A・87B・88・88B・88C系統)下車徒歩約25分。
最寄りバス停は「五条坂」から五条坂経由、又は「清水道」から清水坂経由で行くのが近いが、五条坂は観光バスの通行が多く、清水坂(松原通)も五条坂との合流点まではタクシーや一般車の通行が多い。少し遠回りになるが、清水道バス停からすぐ北側の信号を東側に曲がる八坂通を通行したほうが車も少なく、法観寺の八坂の塔を見ながらの石畳道で風情があるのだが、京都駅方面からのバスは五条坂バス停で清水寺方面の乗客の下車を促す案内放送をあえて流す。これは五条坂から乗車する乗客も多いため、五条坂と清水道の両バス停間のバスの混雑を避ける措置である。
posted by kisebeauty50 at 07:32| Comment(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月14日

ピンクダイヤモンド、「ピンク・スター(Pink Star)」が13日、スイス・ジュネーブで1つの宝石としては史上最高額の7632万スイス・フラン(約83億円)で落札



果実のプラムほどの大きさのピンクダイヤモンド、「ピンク・スター(Pink Star)」が13日、スイス・ジュネーブ(Geneva)で競売大手サザビーズ(Sotheby's)の競売にかけられ、1つの宝石としては史上最高額の7632万スイス・フラン(約83億円)で落札された。

59.60カラットのピンク・スターは、ジュネーブ湖(Lake Geneva)のほとりにある高級ホテル、ボー・リバージュ・ホテル(Beau Rivage Hotel)で行われた高級ジュエリー・オークションの目玉だった。この日のオークションに掛けられる最後から2番目の品として、競売人の隣に立ったモデルが指輪に付けたこのダイヤを見せると、会場にはどよめきが上がった。

オークションはスイス・フラン建てで行われ、価格は4800万フラン(約52億円)から100万フラン(約1億1000万円)単位で上げられていった。入札価格が6700万フラン(約73億円)を超えると長い沈黙が続き、その後、電話参加ではなく、会場にいた人が6800万フラン(約74億円)で落札した。

サザビーズによると、落札したのはニューヨーク(New York)のダイヤモンド研磨工、アイザック・ウォルフ(Isaac Wolf)さん。落札したダイヤの名称を「ザ・ピンク・ドリーム(The Pink Dream)」に変える考えだという。サザビーズが受け取る手数料を含め、落札者が支払う金額は最終的に7632万フランになる。予想落札価格は、6000万ドル(約59億5300万円)だった。

落札者が決定すると、会場にいた約150人からは拍手が湧き起こり、映画『ピンクパンサー(Pink Panther)』のテーマ曲が流される演出と共に、スタッフからピンクシャンパンのグラスが配られた。

■「真に高貴な宝石」

光輝くオーバルカットの「ピンク・スター」 は、縦2.69センチ、横2.06センチで、重さは11.92グラム。色とクラリティ(内包物の少なさ)はともに最高評価クラスで、サザビーズの欧州・中東地域宝石部門のデービッド・ベネット(David Bennett)会長は「真にすばらしく、高貴な宝石であると、ためらいなく言える。このサイズと色の宝石は他に存在が知られていない」と話している。

サザビーズによると、1999年にアフリカでダイヤ最大手デビアス(De Beers)によって採掘された際の原石の状態では132.5カラットだった。産出国は明らかにされていない。

発見後、シュタインメッツ・ダイヤモンズ(Steinmetz Diamonds)が2年をかけてカットと研磨を施し、「シュタインメッツ・ピンク(Steinmetz Pink)」として2003年に公開。その4年後には売却され、名称が変更されたが、当時の価格、購入者ともに公表されていない。

サザビーズは13日のオークションでも出品者を明らかにしておらず、2007年以降に売買されていたか否かについても公表していない。

■景気低迷で高まる宝石人気

ダイヤモンドのほか、この日のオークションでは114.74カラットのサファイヤが予想落札最高価格の2倍に近い760万フラン(約8億2600万円)で落札された。

アナリストらは、経済情勢の先行きが不透明な時期には、投資家らが宝石に目を向ける傾向がある点を指摘している。増加する世界の富裕層にとっても、宝石の所有はステータスになる。

また、サザビーズのベネット氏は、「ここ30年で、市場は完全に国際化した」と話している。
posted by kisebeauty50 at 12:09| Comment(0) | アクセサリー・装飾品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。