2014年12月23日

年齢を感じさせない美しさを競う「第5回国民的美魔女コンテスト」のグランプリに東京都在住の主婦・箕輪玖美(みのわくみ)さん(43)が選ばれる

年齢を感じさせない美しさを競う「第5回国民的美魔女コンテスト」の最終選考会が21日、東京都内で開催され、東京都在住の箕輪玖美(みのわくみ)さん(43)がグランプリに輝いた。

箕輪 玖美3.jpg

 20代の頃はモデルや歌手活動をしていた箕輪玖美(みのわくみ)さん、現在は主婦で、夫と3人の子どもを持つママ。箕輪玖美(みのわくみ)さんは今回、社会とつながり、緊張感や輝きを維持したく、応募したという。箕輪玖美(みのわくみ)さんはグランプリ決定後、「全面的にバックアップしてくれた主人と応援してくれた多くの方々に感謝したい」と喜びを語った。箕輪玖美(みのわくみ)さんは、コンテスト協賛企業によるプレミアム美魔女賞、ミネラル美魔女賞も合わせて受賞した。
 準グランプリは、東京都在住の井上美樹さん(47)が選ばれ、スリム美魔女賞は吉田美穂さん(41)、WEB美魔女賞は佐藤香奈子さん(40)がそれぞれ受賞した。

井上美樹さん、箕輪玖美さん.jpg
左準グランプリの井上美樹さん、右グランプリの箕輪玖美さん

 この日の最終選考会には、応募者1850人の中から選ばれた21人が出場。水着姿や私服でのパフォーマンスなどで美魔女ぶりを競い合った。グランプリの箕輪玖美(みのわくみ)さんと準グランプリ井上さんは、今後、大手芸能事務所オスカープロモーションに所属し、活動をしていく

箕輪玖美.jpg

◆美魔女グランプリは箕輪玖美(みのわくみ)さん 3冠達成
 年齢を感じさせない外見美と知的美を競う「第5回 国民的美魔女コンテスト」の最終選考会が21日、都内で行われ、東京在住の主婦、箕輪玖美(みのわくみ)さん(43)がグランプリを獲得した。

箕輪玖美1.jpg

 応募総数1850人の頂点に立った箕輪玖美(みのわくみ)さんは、ほかにも「プレミアム美魔女賞」と「ミネラル美魔女賞」を獲得し三冠を達成。圧倒的な支持を集めた。

 箕輪玖美(みのわくみ)さんはモデル経験があり、約2年前に結婚するまで社長秘書をしていたという。コンテストのために家事をないがしろにしたこともあったそうで箕輪玖美(みのわくみ)さんは「今日は楽しませてもらいました。実はしゅうとめさんや子供たち(3人)にも出場していることを伝えていなかったので、報告して“迷惑をかけてごめんね”って謝りたいです」と家族に感謝した。

◆「第5回 国民的美魔女コンテスト」最終選考会が21日、都内で行われ、モデル経験のある主婦箕輪玖美(みのわくみ)さん(43)が3冠受賞という圧倒的強さを見せつけてグランプリに輝いた。

 主催するビューティー月刊誌「美ST」の井上智明編集長をして、「箕輪玖美(みのわくみ)さんは圧倒的に華やかでマネできない存在感。新しい40代が出てきた」と言わしめた。箕輪玖美(みのわくみ)さん、受賞の瞬間は目を見開き、口に手を当てて驚いた様子。

箕輪玖美(みのわくみ)さんは「まさか賞を頂けるとは思わなかった。全面的にバックアップしてくれた主人と応援してくれた多くのお友達に感謝したい」と笑顔をはじけさせたが、モデル(6年)や会長秘書(10年)と経歴も華やかそのものだ。

 箕輪玖美(みのわくみ)さんはモデルとして活動した後、歌手デビューを目指していたといい、「お声をかけていただいて2年くらい頑張りましたがダメでした。機会がありましたらぜひやりたい」と、箕輪玖美(みのわくみ)さん、これを機に幻となった歌手デビューに期待を寄せる。

 箕輪玖美(みのわくみ)さんは「プレミアム美魔女賞」「ミネラル美魔女賞」と合わせてトリプル受賞。「年齢をお考えにならず、いつまでも輝いてイキイキしている夏木マリさんが憧れ」という現在は3児のママだが、これからの動向にも注目だ。

★箕輪玖美(みのわくみ)

箕輪 玖美.jpg

住所:東京都
生年月日:1971年6月18日
身長 :168cm体重:52kg
血液型:B型
スリーサイズ バスト:88cm ウエスト:62cm ヒップ:89cm
職業:主婦
家族構成:夫、子供3人
趣味・特技:ゴルフ、サーフィン、はちみつソムリエ
忙しいキャリア生活から一転、主婦に。それでも、社会と繋がり、緊張感と輝きを維持したくて美魔女に応募しました。日々美しい所作を心掛けています。

★井上美樹

井上美樹.jpg

住所|東京都 生年月日|1967年11月17日
身長|160cm 体重|48kg 血液型|A型
スリーサイズ|B:85 W:63 H:85
職業|会社員 家族構成|子供2人 趣味・特技|旅行、山登り、ピアノ、フランス語

パリへピアノ留学したり、オペラの日本語版を制作したり、英語教材作ったり……、やりたいことは即実践。これからは美魔女として美を極めます。

●美魔女official site
http://www.bimajo.jp/

★歴代国民的美魔女コンテストグランプリ(第1回-第4回)

西村真弓さん、山田佳子さん、箕輪玖美さん、草間淑江さん、門馬礼子さん.jpg
左から 西村真弓さん、山田佳子さん、箕輪玖美さん、草間淑江さん、門馬礼子さん

◆第4回 国民的"美魔女"コンテスト
年齢を感じさせない美を競う「第4回国民的美魔女コンテスト」の最終選考会が東京都内で開催され、愛知県在住の西村真弓さん(39)がグランプリに輝いた。

西村真弓.jpg

名前:西村 真弓
住所:愛知県
生年月日:1974年5月25日身長:164cm体重:52kg
B:85cmW:64cmH:89cm
血液型:A型
職業:主婦
家族構成:夫
趣味・特技:姪と甥と遊ぶこと、読書、料理、ドライブ
下着メーカーに20年勤務。「美しさは特別な人だけにあるのではなく、今は美しさが足らずとも、誰にでも多くの美しさが眠っていて美を育てる≠アとができると思います。10年後、20年後、その先もずーっと輝く女性でありたい」

◆第3回国民的美魔女コンテスト
年齢を感じさせない美を備えた女性を選ぶ「第3回国民的美魔女コンテスト」の最終選考会が都内で開催され、夫と4人の息子を持つ門馬礼子さん(40)がグランプリに輝いた。

門馬礼子.jpg

名前:門馬 礼子
住所:福島県
生年月日:1972年4月5日身長:170cm体重:55kg
スリーサイズBバスト:83cmWウエスト:60cmHヒップ:90cm
血液型:A型
職業:ネイルスクール・サロン経営
趣味・特技:旅行、柔軟体操
9歳、7歳、5歳、2歳、4人の男の子の母であり、20代には福島県のミスコンテストで優勝ミスピーチに、後にミス・ユニバース日本大会ファイナリストにも選出!

◆第2回国民的美魔女コンテスト
年齢を感じさせない美しき35歳以上の女性「美魔女」を称えるコンテスト「国民的“美魔女”コンテスト」最終選考会が都内ホテルにて開催された。2000名の応募の中から選ばれた21名のファイナリストが登場し、『STORY』『美 STORY』読者160名の前で、水着とドレス姿の披露、自己PR、川島なお美ら審査員からの質疑応答が行われた。年齢を感じさせないその美しさに、会場からは終始驚きの歓声があがっていた。

山田佳子さん.jpg

国民的美魔女コンテストグランプリは山田佳子
名前:山田 佳子
住所:兵庫県
生年月日:1966年1月17日身長:163cm
measurmentsB:83cmW:58cmH:82cm
血液型:A型
趣味:ヨガ、ウォーキング、ガーデニング、美味しいお店めぐり
特技:整理整頓・体が柔らかいこと
「趣味は海外に長期滞在すること。そこで学んだことは若さにしがみつかず、年齢に応じた美しさでナチュラルに生活することでした。もっと素敵な大人の女性を目指したいです」。

山田佳子さん(45歳)
長時間にわたる最終選考会の末、グランプリには山田佳子さん(45歳・モデル事務所経営)、準グランプリにはソア・イさん(42歳・へアーメイクアップデザイナー)が選ばれた。

グランプリの山田佳子さんは、グランプリの受賞をうけて「応援してくれた家族にまずはこの喜びを届けたい」とコメント。美の秘訣は朝食に必ず果物とヨーグルトを摂るようにしているとのことだった。身長163cm、体重43kg、B83、W58、H82というスタイルの良さの秘訣は食生活以外にも、趣味のヨガ、ウォーキング、ガーデニングや家族への愛情などにもあるのだろうか。さらに特技は、整理整頓と体が柔らかいこととあり、“才職兼美”ぶりがうかがえる。

その他、コンテストの各スポンサーから贈られる独自の賞には、「おっぱい美魔女賞」に日比志保さん(39歳・主婦)、「フォトジェニック美魔女賞」に永山朱実さん(41歳・エステティシャン)、「スリム美魔女賞」に藤川千景さん(40歳・ギャラリーサロンオーナー兼絵画アーティスト)、「腸美魔女賞」に柴田薫さん(42歳・会社経営)が選ばれた。

◆第1回国民的美魔女コンテスト
2010年 第1回国民的美魔女コンテスト初代グランプリ

草間淑江.jpg

名前:草間 淑江
住所:東京都
生年月日:1968年12月5日
身長:165cm
スリーサイズB:82cmW:62cmH:84cm
血液型:O型
趣味:ゴルフ、ワイン特技:場を読むこと
人をキレイにするための仕事をしているので、その責任として自分がキレイでいなければと思います。食は添加物を摂らず、ゴルフを愛し運動を怠らず、正しい肌の手入れをし、生涯現役!を目指しています。

★魔女(びまじょ)は、光文社が発行するファッション雑誌『美STORY/美ST』による造語。才色兼備の35歳以上の女性を指し、「魔法をかけているかの様に美しい」ところからきている。

『美STORY』が月刊化され、のちに『美ST』へ改称されたのちも、誌面で引き続きこの語が用いられている。なお、光文社はこの語を商標登録している。

背景
2009年8月頃、女性向けファッション雑誌『美STORY』が、40代の女性に必要なのは「美しくなる為の方法」「内側から美しくなる食事」「美しさをキープする習慣」であると提案した。美STORYが季刊誌から月刊誌になることを機に立ち上げられたサイト上で、“7人の美魔女会議”というブログがスタートした時から、美魔女という言葉が広まっていった。その7人は、松島三季、水谷雅子、吉田貴子、上田実絵子、吉田真希子、山本未奈子、潤子ララビュール。ブームのきっかけとなったのは、同誌の編集長•山本由樹が仕掛けた「国民的美魔女コンテスト」だった。2010年11月に開催されたコンテストには、全国から35歳以上の女性が約2,500人集まり、テレビ番組などで取り上げられた結果、「美魔女」という言葉の認知度を一気に上昇させた。

実業家の藤田康人は、『美STORY』編集長・山本由樹のブームの仕掛け方が巧妙であったと述べている。まず、雑誌というブランド力と信憑性の高いメディアから"美魔女"という話題性のある言葉を発信し、実際にコンテストを開催することで、その話題性を急増させた。そして、次にウェブという情報拡散性の高いメディアで読者を投票や書き込みという行為でコンテストに擬似参加させる仕組みは最先端の統合的なマーケティングコミュニケーションの事例といえる、と批評した。また、雑誌の発行部数減少や広告不振など、雑誌というメディアの存在意義そのものが問われていると危機感を持ちながらも、新しい方向性が見出せない業界にとって、この山本の「美魔女ブーム」の仕掛け方は、雑誌メディアの今後のビジネスモデルの新しい形を示しているのではないかとも語った。

定義
ブームを仕掛けたファッション雑誌『美STORY』は「年齢という言葉が無意味なほどの輝いた容姿」「経験を積み重ねて磨かれた内面の美しさ」「いつまでも美を追求し続ける好奇心と向上心」「美しさが自己満足にならない社交性」という条件を備えた"エイジレスビューティー"な女性を「美魔女」と定義している。しかし、一部では単に「年齢を感じさせない若さを保っている大人の女性」という意味で使われている
posted by kisebeauty50 at 02:51| Comment(0) | 美しい人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月08日

ローラさん、堀北真希さん、長谷川潤さんらが今年最も美しく輝いた女性に贈られる「2013年ベストビューティストアワード」を受賞

ベストビューティストアワード:今年はローラ、堀北、長谷川潤

 タレントのローラさんが5日、今年最も美しく輝いた女性に贈られる「2013年ベストビューティストアワード」を受賞し、東京都内で行われた授賞式に登場した。ストライプとチェックのキュートなワンピース姿のローラさんは、マイクなしで「ありがとー!」と会場に向かって呼びかけて大喜び。今年について聞かれると「すっごいバタバタいっぱいしていたから、あんまり覚えてないような1年だった。でもすっごく楽しかった。また釣りにもいきたいと思っているの!」と“ローラ節”で会場を盛り上げた。

ベストビューティスト2013.jpg
ベストビューティストアワードを受賞した(左から)ローラさん、堀北真希さん、長谷川潤さん

 ベストビューティストアワードは、今回で2回目。ローラさんはタレント部門での受賞で、女優部門では映画・ドラマともに活躍中の堀北真希さん、モデル部門では昨年第1子を出産し復帰後は数多くのメディアに出演する長谷川潤さんが選ばれた。

 美のこだわりについて、大人っぽいシルバーのワンピース姿の堀北さんは「忙しいときはなかなか気を使うのも大変なんですが、なるべく睡眠時間を取るように、ケアしています」と語った。長谷川さんは大胆に背中の開いた黒のミニワンピース姿を披露し、来年の目標について「慣れていないことにチャレンジする」と宣言。ローラさんも「私もチャレンジしよー」と便乗したが、具体的に聞かれると「習字とか? 音楽! 恥ずかしくなってきたから、後で言うね。来年言う!」と答えて、会場を盛り上げていた。

イベントでは、ベストビューティストアワードのほか、2012年11月〜13年10月31日に投稿された口コミ情報をもとに支持されているコスメを表彰する「@cosmeベストコスメ大賞」も発表。大賞を受賞したアイテムを使ったメークショーも行われた。

★2013年ベストビューティストアワード受賞者
女優部門:堀北真希
タレント部門:ローラ
モデル部門:長谷川潤


★2013年@cosmeベストコスメ大賞 受賞アイテム(一部)
総合大賞:ニベア花王 ニベア 「ニベアクリーム」
殿堂入り:花王 ソフィーナ プリマヴィスタ 「皮脂くずれ防止化粧下地」
殿堂入り:イヴ・サンローラン・ボーテ イヴ・サンローラン・ボーテ「ラディアント タッチ」
新人賞 メイクアップ部門:井田ラボラトリーズ キャンメイク 「ステイオンバームルージュ」
新人賞 ベースメイク部門:レブロン レブロン 「カラーステイ メイクアップ」
新人賞 スキンケア部門:ランコム ランコム 「ジェニフィック アドバンスト」
新人賞 ヘアケア部門:パナソニック Panasonic 「ヘアードライヤー ナノケア EH-NA95」
新人賞 ボディケア部門:レキットベンキーザー・ジャパン ドクター・ショール 「寝ながらメディキュット ロング」
posted by kisebeauty50 at 22:44| Comment(0) | 美しい人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月03日

「50歳になってもビキニを着てビーチに行きたい」ますます綺麗になった「奇跡の47歳」山田佳子さん大反響セクシービキニを撮り下ろし

ますます綺麗になった「奇跡の47歳」山田佳子さん撮り下ろし

ますますキレイな「奇跡の47歳」山田佳子さん
 写真の美女の名前は、山田佳子さん。1966年生まれの47歳。

 20代の頃からモデルとして活動し39歳でモデル事務所を経営。体脂肪率11%、肌年齢は20代など「奇跡のアラフィフ」と呼ばれる。

『週刊ポスト』2012年10月12日号に掲載したグラビアに現在でも多くの反響があるため、再度撮り下ろしを敢行した。ますますキレイになった「奇跡の47歳」である。








yamada.jpgyamada8.jpg


◆46歳にして体脂肪率11%、肌年齢20代で「奇跡のアラフィフ」といわれる山田佳子さん。当サイトに掲載したグラビアも爆発的な反響を呼んだが、山田さん自身、「多くの方から『健康的でいて色気もある。46歳には見えない!』と褒めていただいたのが嬉しかったですね」と、その感想を語っている。

 いったいどうやって、この美ボディを維持しているのだろうか。

「特に変わったことはしていないんです。朝食に青汁入りのヨーグルト、洗顔は蒸しタオルや氷水を使って丹念にしますが、特別なスキンケア用品は使いません。運動も朝晩のストレッチと週に1回のヨガぐらいです。美容で何よりも大事なのはメンタルだと思っています」(山田さん)

 大反響にお応えして、アンコール撮り下ろしした山田さんのグラビアを大公開。


「まさか46歳にもなって、全国誌のグラビアを何度も飾るなんて想像もしていませんでした(笑い)。でも、同性の友人も『キレイ』だっていってくれたし、主人も『キミらしい美しさと色気が出ている』って褒めてくれたのは嬉しかったですね。

「よく『美の秘訣は?』と聞かれますが、厳しい筋トレや食事制限の賜物というわけではありません。強いていえば、美容の敵であるストレスを溜めないようにしている、ということでしょうか。

 私の場合、平日は仕事でリラックスできるのは土日ぐらい。その休日を一緒に過ごす主人の存在が大きい。一般的に、年を取ると妻は夫に夫は妻に興味が薄れるという話を聞きますが、うちは子供がいないこともあって、いまだに恋人同士のよう。休日に2人でビーチに座って夕日を眺める、それだけで癒される。美の秘訣は……主人かも(笑い)」


 スタジオに入る前まで抵抗があったんですが、人間って不思議なもので、チャレンジして良い結果が出ると前向きになれるんです。今じゃ50歳になってもビキニを着てビーチに行きたいって思えるようになりました。これから冬だけど、トレーニングを続けていつでもビキニが着られる体のままでいたいですね」


★私がおばさんになっても〜50歳になってもビキニを着てビーチに行きたいって思えるようになりました

◆163センチ・B82 W58 H82、体脂肪率11%という“25年間変わっていない”プロポーションに加え、すっぴんをテレビ番組で公開したらスタジオ内が騒然となったほどの美肌を持つ。“奇跡の46才”といわれ、モデル事務所を経営しながら、自らもテレビや雑誌などから引っぱりだこの活躍ぶり。そんな多忙な日々のなか、どうやって素肌美を磨いているのだろうか。







yamadabikini2.jpgyamada10.png


 一般の人には手の届かないようなエステ通いや高級コスメを使っているのでは?と思いきや、実は山田さんのスキンケアのベースになっているのは意外にも庶民的な洗顔法。使うのは蒸しタオルと洗面器に入れた氷水だという。

 今でこそ透明感のある白肌の山田さんだが、30代半ばまでは日焼け肌だったという。

 それが37才になったころ、皮膚科を受診しても、コスメを変えても、原因不明のひどい肌荒れになってしまった。

「そこで出合ったのが蒸しタオルと冷水ですすぐという洗顔法でした。半信半疑で始めたのですが、このシンプルな洗顔をするようになって半月もたつと、肌はしっとりとうるおいを取り戻していったんです」(山田さん)

 その後、工夫を重ねて独自の“氷水洗顔法”が確立されていった。

 この蒸しタオルと氷水洗顔の効果について、青山皮フ科クリニックの亀山孝一郎院長がこう解説する。

「最近注目されているヒートショックプロテイン(HSP)は、人間の体に熱のストレスがかかったとき作られるたんぱく質の一種で、新しいコラーゲンを作り出したり免疫力アップなどの効果があるといわれます。

 蒸しタオルの熱でも少しずつHSPが作られるため、毎日続ければ肌にハリが出てくるでしょう。また、肌は温めて冷やすと血流がよくなります。蒸しタオルの後、氷水で急激に冷却すると、副交感神経が刺激され代謝もアップし、毛穴が引き締まって肌のキメが整うのです」

【プロフィール】
★山田佳子(やまだ・よしこ)1966年生まれ/身長163cm、B83・W58・H82。第2回美魔女コンテストグランプリ。20代の頃からモデルとして活動し39歳でモデル事務所を経営。体脂肪率11%、肌年齢は20代など「奇跡のアラフィフ」と呼ばれる。第二回美魔女コンテストグランプリ。山田さんも参加するTEAM美魔女の8名(平均年齢41歳)がユニットを組んでCDデビュー。『Forever Girl』はポニーキャニオンより10月31日発売。
著書『美魔女・山田佳子(46歳)本当はナイショのA型美容』(光文社)が発売中。トークショーが6月8日に大阪・近鉄百貨店上本町店で行なわれる。









posted by kisebeauty50 at 16:00| Comment(0) | 美しい人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月27日

美脚ユニット「モデルガールズ」がデビュー!175センチで股下84センチのモデル8人

◆オスカー美女8人組「モデルガールズ」デビュー

平身1メートル75の長身と脚線美を武器に、“美の商社”オスカープロモーションが満を持して送り出す「モデルガールス」のメンバー8人。同社が誇る若手女優、武井咲(左から5人目)と剛力彩芽(同6人目)も祝福に駆け付けた 

 大手芸能事務所、オスカープロモーションが8人組ユニット「モデルガールズ」を結成し、21日、都内でお披露目会見を開いた。

 メンバーはプロ野球・横浜(現DeNA)前監督、尾花高夫氏(54)の次女、尾花貴絵(19)ら所属モデル約6000人から厳選した8人。同社では1990年デビューのC.C.ガールズ、94年のシェイプUPガールズに続く、平均身長1メートル75の“大型”ユニットだ。

 会見では活動第1弾として、健康と美しい体形づくりのために開発した「モデル体操」を持ち前の美脚で披露。同社所属女優の武井咲(18)と剛力彩芽(19)が祝福に駆け付け、武井は「一緒にレッスンしていた人もいるので、本当にうれしい」と喜んだ。

 10月にはCDデビューも決定。リーダーの中村さくら(30)は「世界に向けて日本の美をアピールしたい。(22日開業の)スカイツリーのように高みを目指します」と気合を込めた。


モデルガールズ.jpg

モデルガールズ お披露目 175センチで股下84センチのモデル8人



 大手芸能事務所オスカープロモーションに所属する約6000人の“美女軍団”からトップモデル8人で結成された新ガールズユニット「モデルガールズ」のデビューお披露目記者発表会が21日、東京・芝公園のザ・プリンスパークタワー東京で開かれた。会場にはオスカー所属の人気女優武井咲(18)と剛力彩芽(19)も祝福に駆けつけた。


 メンバーの平均年齢は24歳で、リーダーの中村さくら(30)、簑島宏美(25)をはじめ、元プロ野球選手の尾花高夫氏を父に持つ尾花貴絵(19)、藤本恵理子(30)、苫米地玲奈(25)、春輝(22)、滝元吏紗(23)、河合ひかる(21)。


 8人の平均身長は175センチ、平均股下84センチで、K−POPの人気グループ「少女時代」にも見劣りしない美脚ぞろい。


 武井は「一緒にレッスンした方もいるので、いつか一緒にお仕事したい。頑張りましょう」とエール。剛力も「本当に格好良くて迫力がある。日本の美しさとはこういうこと」と絶賛した。


 「モデルガールズ」は美と健康の新マニュアル「モデル体操」のイメージキャラクター。8月には写真集、9月にはDVD、10月にはCDデビューする予定で、将来は海外進出も視野に入れている。


 会場でさっそく「モデル体操」を初披露した中村は「すごく気持ち良くできてうれしい」と笑顔。金環日食の日にデビューが重なり「あんなキレイなリングをプレゼントしてくれる男性が現れれば」と乙女心ものぞかせた。22日に東京スカイツリー開業も控え「スカイツリーのように高く羽ばたきたい」と長身グループらしい目標も掲げた。


 オスカーがモデル業界60年の集大成と位置付けた「モデル体操」は、美しい姿勢とウオーキング、腰の3点を軸に考案。モデル育成のノウハウが豊富なオスカーが1990年結成の「C.C.ガールズ」や同94年の「シェイプUPガールズ」時代から構想を温め、3年前から本格的に着手。多数の五輪選手を輩出してきたセントラルスポーツと協力し、医学的見地からも健康や美に効果のあるエクササイズを完成させた。


 今後は国内のスポーツクラブなどで普及に努め、ヨガなどに続くブームへとつなげたい考えだ。

★名前(よみ)・生年月日・出身地・身長(股下、単位はセンチ)・チャームポイント・主な活動歴【写真(右)から】

◇河合ひかる(かわい・ひかる)1990年12月3日宮城県176(86)脚

2011トリンプイメージガール

◇滝元吏紗(たきもと・りさ)1988年10月8日北海道176(86)ウエスト

ファッション誌「MAQUIA」レギュラー

◇簑島宏美(みのしま・ひろみ)1986年6月14日神奈川県174(82)くびれ

2009年ミスインターナショナル準グランプリ

◇春輝(はるき)1990年4月27日大阪府174(83)ネックライン

2011年アサヒビールイメージガール

◇尾花貴絵(おばな・きえ)1992年7月28日神奈川県174(82)デコルテ(首から胸元)

2011年度旭化成グループキャンペーンモデル

◇苫米地玲奈(とまべち・れな)1986年7月19日青森県175(84)背中のライン

第1回インターネット美女コンテストグランプリ

◇藤本恵理子(ふじもと・えりこ)1981年8月2日兵庫県175(85)バスト

2004年ミス・ワールド日本代表準グランプリ

◇中村さくら(なかむら・さくら)1981年10月3日大阪府176(86)お尻

2010年ミスアジアファッションモデル
posted by kisebeauty50 at 07:39| Comment(0) | 美しい人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。